トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 試料調製機器 > 分離用小型超遠心機

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

分離用小型超遠心機

機器番号 155
機器分類 試料調製機器
メーカー名 日立工機株式会社
型番等 CS120
装置概要 タンパク質、核酸等を分離する装置。一般の分画遠心法及び密度勾配遠心法が可能である。
主な仕様 温度設定範囲 0~40℃、アングルロータ(RP100AT4)最高回転数:100,000rpm、最大遠心加速度:541,000×g、チューブ:3ml、6本架け、バーティカルロータ(RP120VT)最高回転数:120,000rpm、最大遠心加速度:500,000×g、チューブ:2ml、8本架け
研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。簡単な説明を受ければ、利用できます
使用料(1時間当たり) 270円
備考 遠心チューブが別途必要
装置写真 機器の写真

 

※本装置は北部研究所(熊谷)に設置してあります。電話:048-521-0614

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?