埼玉県議会

ここから本文です。

ページ番号:201336

掲載日:2021年7月9日

令和3年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(山根史子議員)

教職員の働き方改革について - 事務のスクラップについて -

Q 山根史子 議員(民主フォーラム)

現役で教員をしている友人から、平日は担当している授業でほぼ埋まってしまっており、ノートのチェックや授業準備が間に合わない。そのため、土日のどちらか学校に行かないと仕事が終わらないと聞きました。また、新学習指導要領による小学校英語の教科化やプログラミング教育の導入、GIGAスクール構想での新たな試みの導入などによって、教職員の多忙化は一層進行していると聞いております。
教職員の多忙解消に向けて基本方針では、新たな施策、調査等を実施する場合にはスクラップ・アンド・ビルドを原則とするとしております。しかしながら、ビルドのオンパレードになっているのではないでしょうか。これまでにどのようなスクラップが行われてきたのか、また今後どのように行うつもりなのか、教育長にお伺いいたします。

A 高田直芳 教育長

県では、教育局幹部職員で構成する働き方改革に係るフォローアップ委員会において、業務削減や業務見直しを積極的に進めてまいりました。例えば、学校に対して行う調査等については、令和3年度は新型コロナウイルスの影響を受けていない令和元年度と比較して、調査数を319件から237件に約25%削減することとしたところです。
また、初任者研修では、研修体系を見直し、研修内容の質が低下しないよう配慮した上での日数削減やオンラインを活用しての研修に切り替えるなど、負担軽減を進めてまいりました。
今後は、現行の「学校における働き方改革基本方針」に係る取組状況を点検・評価した上で、新たな方針を策定してまいります。
引き続き、最重要課題の一つである教職員の働き方改革を強力に推進してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?