Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月26日

平成28年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(菅原文仁議員)

県道新倉蕨線の自転車通行環境整備について 

Q 菅原文仁議員(県民

戸田市では平成25年3月に戸田市歩行者自転車道路網整備計画を策定し、自転車通行空間の整備を積極的に進めております。この基本計画では、中期計画として平成32年度を目標に約10キロメートルの自転車ネットワークを市内に整備することとなっております。いわゆる自転車レーンや自転車ナビラインという矢羽根のサインにより、歩行者や自転車が安全、快適に通行できる環境づくりを進めております。
市が取り組む自転車通行環境のネットワーク化が進みつつある今、市内を走る県道は市道と市道をつなげる大変重要な役割を担っており、県道の整備なくして戸田市の自転車通行空間の完成はないと考えます。
そこで、県土整備部長にお伺いします。
市内を走る県道のうち、市道とともに戸田公園駅や市役所にも連結する県道新倉蕨線は、戸田市の自転車ネットワークを形成する上で重要な位置にあります。そこで、この路線については特に先行して自転車通行環境を整備していただきたいと考えますが、御見解をお伺いします。

A 浅井義明 県土整備部長

県では歩行者や自転車の安全な通行環境を確保するため、自転車レーンなどの整備を進めております。
戸田市内の県道新倉蕨線は、東西方向に通る県道練馬川口線、戸田市道の通称中央通りや市役所南通りを南北に連結する幹線道路でございます。
県といたしましても県道新倉蕨線の自転車通行環境整備は、戸田市の自転車ネットワークを形成する上で重要であると考えております。
県道新倉蕨線は、車道の幅員が7メートル程度であり自転車レーンを整備するには幅員が不足しているため、車道に自転車の通行位置を青い矢印で示す、いわゆる矢羽根型の路面表示を予定しております
整備につきましては、平成28年度に県道練馬川口線から蕨市内の国道17号までの延長1,900メートル区間で実施してまいります。
引き続き、地元市とも連携しながら、誰もが安全で安心して通行できる自転車通行環境の整備に取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?