環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成25年度研究課題一覧 > 平成25年度研究課題(自然 H23-H25 光化学オキシダントによる植物被害の軽減)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年10月2日

環境科学国際センター研究課題(自然環境担当/H23~H25)

光化学オキシダントによる植物被害の軽減手法に関する検討

(自然環境担当:三輪、王、米倉、金澤/H23~H25)

 埼玉県では、光化学オキシダント濃度が高く、その主成分であるオゾンによる農作物などに対する植物被害が顕在化している。本研究では、埼玉県の主要農作物を中心とした植物に対するオゾン被害の軽減手法を、植物生育環境制御・ガス暴露装置を用いたオゾン暴露試験の結果などに基づいて検討し、提案することを目指す。

《研究の概要》(PDF:170KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?