環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成25年度研究課題(水環境3)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月11日

環境科学国際センター/平成25年度研究課題(水環境3)

平成25年度研究課題

下水処理プロセスにおけるN2O生成ポテンシャルの評価

(水環境担当:見島/H24~H26)

下水処理施設においてはエネルギー消費やN2Oの排出等が多いことから、温室効果ガスの排出抑制が急務の課題とされる。N2Oの排出抑制のためには、曝気風量などの運転条件とN2O生成速度を併せて総合的に解析する必要がある。本研究では、窒素除去過程においてN2O生成に関する経路の反応速度を活性試験から測定し、窒素除去特性と併せて考察することで、下水処理プロセスにおけるN2O生成ポテンシャルを評価し、N2O排出を抑制する条件を導くことを目的とする。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?