環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成23年度研究課題(大気3)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月11日

環境科学国際センター/平成23年度研究課題(大気3)

平成23年度研究課題

工場内で利用可能なVOC局所対策手法の開発

(大気環境G:米持、佐坂、梅沢/H23~24)

埼玉県は、光化学大気汚染が国内で特に深刻な地域です。揮発性有機化合物(VOC)は、この原因物質の一つですが、その発生源は多岐にわたります。既に大規模発生源では大気汚染防止法による規制が適用され、VOC排出量の低減が進められてきましたが、光化学大気汚染には改善が見られません。そこで本研究では、これまで大学、企業との共同研究で得た光触媒を利用したVOC処理に関する知見をもとに、既存のVOC処理装置の利用が難しい中小企業の塗装、印刷現場等のVOC局所発生源における濃度低減手法の開発を目指します。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?