環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成23年度研究課題(大気1)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月11日

環境科学国際センター/平成23年度研究課題(大気1)

平成23年度研究課題

環境基準の設定を踏まえた大気中微小粒子状物質の特性解明

(大気環境担当:米持、梅沢/平成21年~23年)

平成21年9月、粒径2.5μm以下の微小粒子状物質(PM2.5)について、環境基準値が告示されました。本研究では、標準測定法に基づいた24時間単位のPM2.5の捕集を通年で行い、PM2.5質量濃度および化学組成についての詳細な知見を得るとともに、1週間単位の捕集との比較を行い、これまでの測定データの再評価を行います。さらに、発生源に関する情報を得るために、サブミクロン粒子に着目し、硫酸イオンおよび金属成分についても検討を行います。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?