環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成23年度研究課題一覧 > 平成23年度研究課題(水環 H21-H23 活性汚泥モデルの活用による下水処理)

ここから本文です。

ページ番号:22444

掲載日:2020年10月6日

環境科学国際センター研究課題(水環境担当/H21~H23)

活性汚泥モデルの活用による下水処理プロセスからの温室効果ガス発生抑制の検討

(水環境担当:見島、柿本/H21~H23)

 温室効果ガスの発生抑制が課題とされる下水処理施設において、活性汚泥モデルを適用します。これにより、下水処理プロセスの物質反応を把握すると同時に、削減可能なエネルギー量を算定し、エネルギー削減に伴う温室効果ガスの発生抑制効果を検討します。

《研究の概要》(PDF:446KB)

 

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?