ここから本文です。

ページ番号:103611

掲載日:2023年1月16日

表彰

 ELR2022つくば(日本緑化工学会、日本景観生態学会、応用生態工学会合同大会)優秀口頭発表賞受賞

令和4年9月23日に、自然環境担当の安野翔主任が、ELR2022つくば(日本緑化工学会、日本景観生態学会、応用生態工学会合同大会)にて優秀口頭発表賞を受賞しました。対象となった発表は、埼玉県加須市内の水田を調査し、田植え時期や輪作の有無によって水生動物群集が異なることを明らかにしたという内容です。

写真 表彰状を受けた安野研究員写真 LR2022つくば優秀口頭発表賞の表彰状

 

 全国環境研究協議会支部長表彰受賞

令和4年9月2日に、研究推進室の米持真一副室長が、令和4年度全国環境研協議会関東甲信静支部 支部長表彰を受けました。これは、米持副室長の長年にわたる研究活動及び政策支援の功績が高く評価されたものです。

写真 米持研究員の表彰式の様子写真 当センター植松総長と米持研究員

支部長である横浜市環境科学研究所百瀬所長から賞状を授与される瞬間と、埼玉県環境科学国際センター植松総長とのツーショット。

 一般社団法人 日本環境化学会 第29回環境化学論文賞受賞

令和4年6月16日に、土壌・地下水・地盤担当の髙沢麻里技師が、一般社団法人日本環境化学会より第29回環境化学論文賞を受賞しました。対象となった論文は、ネオニコチノイド系農薬の河川中濃度を1年間モニタリングし、GISを用いて検出傾向や汚染拡散予測を行なった内容をまとめたものです。

写真 表彰された髙沢研究員写真 環境化学論文賞の表彰状

写真 表彰を受ける髙沢研究員

 日本水環境学会2021年度地域水環境行政研究委員会優秀論文賞

水環境担当の見島伊織専門研究員らが(公社)日本水環境学会地域水環境行政研究委員会の2021年度地域水環境行政研究委員会優秀論文賞を受賞し、令和4年5月16日に表彰式が開かれました。対象論文は「Water Science & Technology」誌に掲載された「Long-term investigation of phosphorus removal by iron electrocoagulation in small-scale wastewater treatment plants」です。リン除去型の浄化槽の長期調査の一連の研究が、水環境行政への貢献が高いと評価されました。

写真 表彰を受ける見島研究員 写真 表彰式に参加した方たちと見島研究員

 全国環境研協議会会長表彰受賞

令和4年2月3日に、研究企画室嶋田知英室長が、令和3年度全国環境研協議会会長表彰を受けました。これは長年にわたる自然環境分野及び気候変動対策分野の研究活動と環境行政における功績が高く評価されたものです。

写真 全国環境研協議会会長表彰状(嶋田研究員受賞)

 全国環境研究協議会支部長表彰受賞

令和3年12月23日に、研究推進室の八戸昭一副室長が、令和3年度全国環境研協議会関東甲信静支部 支部長表彰を受けました。これは、八戸副室長の長年にわたる研究活動及び政策支援の功績が高く評価されたものです。

写真 全国環境研究協議会支部長表彰受賞を受けた八戸研究員

 一般社団法人 日本環境化学会 学術賞受賞

令和3年6月3日に、化学物質・環境放射能担当の大塚宜寿担当部長が、一般社団法人日本環境化学会 第29回環境化学討論会にて、第30回環境化学学術賞を受賞しました。この賞は、環境化学分野で優れた研究業績をあげ、その成果を一般社団法人日本環境化学会での活動を通じて発表した会員に授与されるものであり、ダイオキシン類をはじめとする有害化学物質の測定と環境動態の解明に関する研究が評価されたものです。なお、大塚担当部長らは、平成25年にも同学会から第20回環境化学論文賞を受賞しています。

写真 環境化学学術賞を受賞した大塚研究員

 全国環境研究協議会支部長表彰受賞

研究推進室の茂木副室長が、令和2年度全国環境研協議会関東甲信静支部 支部長表彰を受けました。これは、茂木副室長の長年にわたる研究活動及び政策支援の功績が高く評価されたものです。

写真 全国環境研協議会関東甲信静支部長表彰を受けた茂木副室長

2019年大気環境学会誌最優秀論文賞受賞

令和2年9月17日に、大気環境担当の市川有二郞研究員らが、公益社団法人大気環境学会第61回年会にて、2019年大気環境学会誌最優秀論文賞を受賞しました。この賞は、その年の「大気環境学会誌」に掲載された論文のうち、最も優れた論文に授与されるもので、バイオマス燃焼によって発生したPM2.5中に含まれる有機成分を詳しく調べた結果をまとめた論文「バイオマス燃焼を排出源とするPM2.5一次粒子の有機成分について」(第54巻4号161-177ページ)が選定されました。

 

写真:受賞者市川有二郎研究員

写真:最優秀論文賞の賞状

環境科学国際センター生態園にて撮影

 

公益社団法人 日本地球惑星科学連合(JpGU)フェロー称号授与

このたび、当センター植松光夫総長に、公益社団法人日本地球惑星科学連合から2020年度のフェロー称号が授与されました。これは、長年にわたる、地球惑星科学の大気水圏科学分野への貢献が高く評価されたためです。対象となった主な業績等はこちらをご覧ください。

 写真 2012年白鳳丸船上での活動の様子

 2012年 海洋研究開発機構学術研究船「白鳳丸」船上にて

白鳳丸KH-12-1次EqPOS航海でペルーのカラオ(Callao)を2012年1月29日出港し、ホノルルを経由して東京晴海埠頭へ3月7日帰港。太平洋赤道海域の海洋表層の物理、化学、生物から海洋大気の観測、そしてJAXAを巻き込んで高度30kmの成層圏の大気のサンプリングまで行なった。植松総長が主席研究員を勤めた航海。米国の観測航空機も同時観測に参加。

 

2017年白鳳丸船上での集合写真

2017年 海洋研究開発機構学術研究船「白鳳丸」船上にて

白鳳丸KH-17-5次航海(2017/11/14-11/30: 東京-那覇)で日本東方から南方海域、フィリピン沖までの海洋混合層の物理、化学、生物の観測と衛星データとの検証などを行なった。この航海が、東京大学在任中最後の航海となった。航海中に誕生日を迎え、ケーキやオリジナルTシャツで祝福を受けた。

写真:航海中の誕生日プレゼント 

全国環境研究協議会支部長表彰受賞

研究推進室の三輪誠副室長が、令和元年度全国環境研協議会関東甲信静支部 支部長表彰を受けました。これは、三輪副室長の長年にわたる研究活動及び政策支援の功績が高く評価されたものです。
令和元年11月22日に開催された全国環境研協議会関東甲信静支部総会において表彰式が行われました。

写真:受賞者三輪誠副室長写真:賞状授与(三輪副室長)の様子
 

公益社団法人 日本分析化学会論文賞受賞

令和元年9月12日に、化学物質・環境放射能担当の堀井勇一研究員らが、公益社団法人 日本分析化学会第68年会にて、2018年「分析化学」論文賞を受賞しました。この賞は、その年の「分析化学」に掲載された論文のうち、最も優れた論文に授与されるものであり、堀井研究員らが発表した「大気中揮発性メチルシロキサン類分析法の検討と環境モニタリングへの適用」(分析化学 第67巻第6号313-322ページ)が選定されました。

写真:受賞者堀井勇一研究員写真授賞式(堀井研究員)の様子

公益社団法人 大気環境学会 学術賞受賞

令和元年9月19日に、大気環境担当の米持真一担当部長が、公益社団法人 大気環境学会年会にて学術賞(齋藤潔賞)を受賞しました。
「微小エアロゾルの動態観測と光触媒特性を活用した大気環境改善に関する研究」がその対象となりました。
特に、20年にわたるPM2.5の長期通年観測及び、15年にわたるPM1の長期通年観測は国内で希少かつ貴重な長期モニタリングであり、これらを活用した発生源対策の効果検証や高濃度イベント解析に顕著な成果をあげたことが評価されたものです。
また、地方環境研究所の研究者としては過去20年間で2人目の受賞となりました。

写真:受賞式(米持担当部長)の様子写真:受賞者米持真一担当部長

一般社団法人 廃棄物資源循環学会 奨励賞受賞

令和元年6月6日に、資源循環・廃棄物担当の鈴木和将専門研究員が、廃棄物資源循環学会奨励賞を受賞し、表彰されました。受賞対象は、「数値解析による廃棄物処理・処分の研究」です。

【ひとこと】

これまで私は廃棄物のさまざまな現象に対して、メカニズムを解明するため、数値シミュレーションを行ってきました。このような複雑極まりない現象を取り扱う場合、一番大事な部分は何かということを見極める必要があります。今後、上手に数学・数理科学を活用し、この複雑現象から本質を抽出し、廃棄物の中に潜む美しい法則を見出せたら思っています。

写真:受賞者鈴木研究員

一般社団法人 日本環境測定分析協会 創立45周年記念協会功労者表彰受賞

令和元年5月21日に、化学物質・環境放射能担当の大塚宜寿担当部長が、一般社団法人日本環境測定分析協会から協会功労者として表彰されました。これは長年にわたる環境調査分野における活動と、協会事業への貢献が高く評価されたものです。

写真:受賞者大塚担当部長

全国環境研協議会会長表彰受賞

平成31年1月21日に研究推進室松本利恵副室長全国環境研協議会会長表彰を受けました。

これは長年にわたる大気環境分野での研究活動及び環境行政においての功績が高く評価されたものです。

受賞者集合写真

写真:受賞式(松本副室長)の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            <授賞式の様子>                                                                           <前列右から2人目>

大気環境学会論文賞受賞

平成30年9月13日に大気環境担当の長谷川就一専門研究員が大気環境学会論文賞(技術調査部門)を受賞しました。

これは、平成29年1月発行の大気環境学会誌に掲載された論文「野外焼却の実態とPM2.5濃度への影響に関する考察」(第52巻第1号)に対して授与されたものです。論文では、秋から冬にみられる高濃度PM2.5への野外焼却の影響を評価したもので、苦情件数やパトロール結果といった従来のデータに加えてソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)への投稿の検索結果を活用した点が画期的であると高く評価されました。

写真:授賞式(長谷川研究員)の様子

写真:受賞者長谷川就一研究員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             <授賞式の様子>

 

全国環境研協議会会長表彰受賞

平成30年2月21日に研究企画室高橋室長が全国環境研協議会会長表彰を受けました。

これは長年にわたる水環境分野での研究活動及び環境行政においての功績が高く評価されたものです。

写真:受賞式の様子

<授賞式の様子>

野生生物と社会学会学術賞受賞

 平成29年11月3~5日に帯広畜産大学で開催された第23回「野生生物と社会」学会において、自然環境担当の角田裕志 主任が同学会の学術賞を受賞しました。受賞タイトルは「淡水魚類及び野生動物の保全と管理に関する一連の研究」です。淡水魚類の保全や鳥獣の管理に関する研究成果について筆頭著者として複数の学術論文を執筆し、同学会が発行する学術雑誌(野生生物保護並びに野生生物と社会)に発表した実績(※)やこれまでの学会活動が評価されました。

写真:受賞者角田研究員 写真:授与式(角田研究員)の様子

※発表した論文は科学技術情報発信・総合流通システム(J-STAGE)にて無料公開されています。以下のリンク先からどなたでも閲覧できます。

全国環境研究協議会支部長表彰受賞

研究推進室の渡辺洋一副室長が、平成29年度全国環境研協議会*関東甲信静支部 支部長表彰を受けました。これは、渡辺副室長の長年にわたる廃棄物分野を主とした研究活動及び行政支援の功績が高く評価されたものです。

平成29年9月29日に開催された全国環境研協議会関東甲信静支部総会において、表彰式が行われました。

写真:授賞式の様子写真:受賞スピーチの様子

*全国環境研協議会とは】

全国環境研協議会とは、都道府県市の67の地方環境研究機関からなる団体であり、地域住民の健康の保護と生活環境の保全に寄与することを目的として、環境に関する試験・調査・研究活動を行っている。

日本水環境学会技術奨励賞受賞

 

平成29年6月16日に水環境担当の見島伊織専門研究員らが(公社)日本水環境学会の技術奨励賞を受賞しました。受賞対象技術は「下水処理施設由来の多元的環境負荷の統合評価手法」です。この手法を用いることで、下水処理施設から排出される環境負荷物質の地球温暖化、富栄養化、生体毒性の影響を統合的に評価することができます。すでに、埼玉県内の下水処理場や浄化槽へこの手法を適用しており、環境負荷の統合評価を進めています。手法開発のための技術開発研究には新規性及び独創性が認められ、行政、産業への普及が期待できる点が評価されました。一連の手法はJournal of Water and Environment Technologyに論文”Development of an Integrated Environmental Impact Assessment Model for Assessing Nitrogen Emissions from Wastewater Treatment Plants”として発表しています。

 

 写真:受賞者見島研究員  写真:論文発表の様子

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?