トップページ > くらし・環境 > まちづくり > 川の再生・河川維持管理・ダム > 川の再生についてはこちら > 民間事業者と連携した河川空間の利活用~実施候補箇所の登録について~

ページ番号:193918

掲載日:2021年10月19日

ここから本文です。

民間事業者と連携した河川空間の利活用~実施候補箇所の登録について~

民間事業者と連携して河川空間の利活用を進める Next川の再生「水辺deベンチャーチャレンジ」を実施します。

埼玉県では、これまでに河川空間を利活用して、市町村や地域住民などと連携、協働しながら賑わいや憩いの場を作ってきました。

これからは、Next川の再生「水辺deベンチャーチャレンジ」として、新たに民間事業者と企画段階から連携し、より魅力ある水辺空間を創出していきます。

実施候補箇所の第2回登録申請について(申請要領・申請は締め切りました)

以下のとおり実施候補箇所の第2回登録申請の受付を行いました。現在は申請を受け付けておりません。

Next川の再生「水辺deベンチャーチャレンジ」実施候補箇所の第2回申請要領(PDF:90KB)

  1. 受付期間
    令和3年8月16日(月曜日) から 令和3年9月3日(金曜日)17時00分 まで
  2. 申請書類
    Next川の再生「水辺deベンチャーチャレンジ」実施要綱第6による提出書類ア~オ 1部
  3. 提出方法
    電子メール又は郵送
    ※ 郵送については受付期間内の消印があるものを有効とします。
  4. 提出先
    電子メール:a5110-01@pref.saitama.lg.jp
    郵送:〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1 埼玉県県土整備部河川環境課河川環境担当
  5. 留意事項
    • 申請に際しては、対象とする河川を管轄する県の各事務所及び河川環境課に計画内容の事前相談をしていただきますようお願いします。
    • 書類提出後、必要に応じて説明や追加資料の提出を求める場合があります。
    • 登録決定は9月下旬頃を予定しており、申請者あてにその旨を通知します。

実施要綱・申請様式等について

Next川の再生「水辺deベンチャーチャレンジ」を実施したい場合は、実施要綱及び申請要領に基づき登録申請を行ってください。

登録箇所について(令和3年10月更新)

実施要綱第7に基づき審査を実施し、以下の箇所について登録を行いました。
  •  第1回実施候補箇所の登録申請については以下の5市町から申請があり、全箇所を登録しました。
    令和3年度 第1回登録箇所一覧(令和3年5月12日登録)
    河川 市町村 テーマ
    入間川 飯能市大字大河原 豊かな自然と調和した水辺空間
    大落古利根川 春日部市大字粕壁地内 河川空間の価値の再生 生活に溶け込み人で賑わう川のある暮らし
    入間川 狭山市大字柏原地内 コロナ禍の日常は、狭山の水辺できっと、もっと豊かになる
    槻川 比企郡小川町大字小川地内外 清流と伝統の輝くまち おがわ
    大落古利根川 北葛飾郡杉戸町中央地内外 水辺と親しむ回遊空間
  • 第2回実施候補箇所の登録申請については以下の4市町から申請があり、全箇所を登録しました。
令和3年度 第2回登録箇所一覧(令和3年10月15日登録)
河川 市町村 テーマ
中川 幸手市大字権現堂地内 水の音を水辺で聞きながら、花見で一杯
高麗川 日高市大字高麗本郷地内 環境保全と人の賑わい 調和のとれた水辺空間
槻川 比企郡嵐山大字鎌形地内 水面で親しむ 風薫る嵐山
荒川 大里郡寄居町大字保田原地先 水の郷と親しむ、賑わいのある水辺空間

 

事業の概要

事業概要

お問い合わせ

県土整備部 河川環境課 河川環境担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎3階

ファックス:048-830-4866

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?