ページ番号:74480

掲載日:2021年11月26日

ここから本文です。

S-GAP

GAP(良い農業のやり方)とは

 どういう意味?

GAPとは「Good Agricultural Practice」の略であり、直訳すると「良い農業のやり方」のことです。

 農業に関する法律や規則、モラルを守ることにより、食品安全、労働安全、環境保全それぞれに配慮した持続的な農業経営をすることを意味しています。

 GAPに取り組む際には、自らの農業に潜むBAP「悪い農業のやり方(Bad Agricultural Practice )」に気づくことが必要となります。

 BAPとは、危険な作業や環境破壊、収穫物の汚染につながるようなリスク(危害要因)とも言えます。

 良い農業とは?

  食品安全、労働安全、環境保全それぞれに配慮した農業を意味しています。

 食品安全・・・農薬の適正使用を徹底する、作業前後やトイレ後にきちんと手洗いをするなど、食べる人の安全を守ること

 労働安全・・・危険な作業場所には注意表示をする、体調が優れない状態での作業は控えるなど、作る人の安全を守ること

 環境保全・・・農薬の使用量を減らす、廃棄物を適正に処理するなど、地球環境を守ること

埼玉県におけるGAPの取組

S-GAP

  埼玉県では、平成26年度にGAPの取組のさらなる普及に向けて、独自のGAP規範である「S-GAP」を策定しました。

 現在はS-GAPに基づき、県内農家に向け、農業の安全・安心の向上を目指した「埼玉県農業生産安全確認運動」を推進しています。

S-GAPリーフレット(PDF:1,942KB)

S-GAPチラシ(PDF:4,954KB)

  

 

 

  

S-GAPリーフレット(表紙)

S-GAP宣伝用チラシ

 

 

 

 

 

S-GAPチラシ(表紙)

 S-GAPガイドブック(埼玉県農業生産安全確認運動)

 埼玉スマートGAPを推進するにあたり、埼玉県内の8つの農林振興センター、埼玉県農業協同組合中央会等をとおして農家に向け

 「S-GAPガイドブック(埼玉県農業生産安全確認運動)」を配布しております。

 ガイドブックとなっているのは、野菜編、果樹編、穀物編、茶編の4編となっています。

 各ガイドブックで40~50個ほどに分かれた農業に関する項目には、それぞれ達成水準があります。

 未達成の部分を改善し、自分の農業の安全確認をしていこうという内容となっています。

 ガイドブックのダウンロードについて(無断転載禁止)

S-GAPツールブック(様式集)

S-GAPに取り組むうえで参考にしていただけるような、様式や掲示物をまとめました。リンク先からダウンロードしてご活用ください。

S-GAP農場評価

  S-GAPの取組の到達度を客観的に評価するため、「S-GAP農場評価」を開始しました。

イベント・研修会

埼玉県GAPセミナー

お問い合わせ

農林部 農産物安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4832

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?