Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > > 食の安全 > 食品の品質に関する表示の情報 > 食品表示法と食品表示基準について

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月19日

食品表示法と食品表示基準について

JAS法、食品衛生法及び健康増進法の食品の表示に関する規定を統合した「食品表示法」(平成25年法律第70号)と、同法に基づいて定められた「食品表示基準」(平成27年内閣府令第10号)が平成27年4月1日から施行されました。
詳細につきましては、関連リンクをご覧ください。

消費者庁ホームページ食品表示一元化情報
(関係法令、食品表示基準、食品表示基準Q&A、新しい食品表示制度のリーフレット等が掲載されています。)

 

 加工食品の新たな原料原産地表示制度について(平成29年9月1日食品表示基準一部改正)

平成29年9月1日、新たな加工食品の原料原産地表示制度を定めた食品表示基準の一部を改正する内閣府令(平成29年内閣府令第43号)が公布・施行されました。

新たな原料原産地表示とは、一部の加工食品にのみ義務付けられていた原材料の産地表示が、原則として全ての加工食品に拡大されるものです。(経過措置期間:令和4年3月まで。)

詳細につきましては、関連リンクをご覧ください。

消費者庁ホームページ:新たな加工食品の原料原産地表示制度に関する情報

お問い合わせ

農林部 農産物安全課 総務・食品品質表示担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4832

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?