Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月31日

偽造処方せんに注意!!

薬局開設者の方に

偽造処方せんに注意!!

県内において偽造処方せんを薬局に持ち込み医薬品を不正に入手するという事例が発生しました。

事例1(平成17年11月12日発見)

※偽造処方せんに記載されていた医薬品

  • レニベース錠5(本態性高血圧症、腎性高血圧症等に適応)
  • ペンフィルR注300単位(インスリン療法の対象となる糖尿病に適応)
  • 〃 150単位
  • ペンニドール(注射針)31G

事例2(平成18年2月17日発見)未遂

※偽造処方せんに記載されていた医薬品

  • リタリン錠10mg(向精神薬:ナルコレプシー、うつ病に適応)
  • セスジウム錠(鎮痙・鎮痛薬)

事例3(平成18年9月29日発見)

※偽造処方せんに記載されていた医薬品

  • ラシックス錠40mg(高血圧症、腎性浮腫等に適応)
  • プルゼニド錠(便秘症に適応)
  • マイスリー錠10mg(向精神薬:不眠症に適用)
  • ロヒプノール錠2(向精神薬:不眠症に適用)

薬局におきまして、疑わしい処方せん(上記の処方内容であって、処方せんの記載事項が切り貼りコピー等で改ざんされたもの)を発見した場合は、薬剤師法に基づき医療機関に疑義照会するとともに、管轄する保健所に連絡の上、適正に対応してください。

一般の方に

偽造処方せんについて

県内において偽造処方せんを薬局に持ち込み医薬品を不正に入手するという事例が発生しました。
(平成17年11月12日・平成18年2月17日発見)

本来、医療用の医薬品は医師の適正な診断のもとに使用されて初めてその効果が期待できるものです。

処方せんを偽造し、医薬品を不正に入手した場合は、罰せられます。

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 販売指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?