Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 被爆者医療 > 被爆者二世健康手帳、二世健康診断について

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月17日

被爆者二世健康手帳、二世健康診断について

  1. 被爆者二世の方への支援制度について(被爆者二世健康診断)
  2. 被爆者二世健康手帳の交付手続について
  3. 被爆者二世健康手帳の再交付、住所等の変更、返還の手続について

令和元年10月以降の健康診断に関するお知らせ

 令和元年10月1日から実施する秋の定期健康診断等について、9月下旬に御案内を発送済みですが、この中に記載している健康診断の検査料等の上限額が、このたび改定されました。

  •  印刷、発送日程の都合上、発送した書類は改定前の額に基づいて作成されておりますが、引き続き御利用いただけますので、そのまま御利用ください(交換等はいたしかねますので御了承ください)。
  • ただし受診者の方へは今後準備が整い次第、本改定に関する御案内を発送予定です(10月下旬以降)。 
  • 健診で要精密検査と判定された方への精密検査の御案内については、改定後の金額を反映しています。 
  • 被爆者二世の方の自己負担は、改定前上限額の範囲内で実施された場合には発生しませんので、本改定に伴う受診者の方への影響は原則としてありません。もし改定前上限額を超えて実施される場合には、改定後上限額について医療機関の方に十分確認した上で自己負担分の支払を行ってください。
  • 医療機関の方への御案内は、その他のお知らせも含めて「被爆者援護に携わる医療機関、介護事業者の方へ」に掲載していますので、御覧ください。

 1 被爆者二世の方への支援制度について(被爆者二世健康診断)

 埼玉県では、被爆者二世の方への支援として、健康診断事業を実施しています。

 ※お住まいを所管する自治体によっては個別の支援制度を設けている場合もあります。ここでの説明内容は、あくまで埼玉県のものです。

 被爆者二世健康診断を受診できる方は、埼玉県の発行する被爆者二世健康手帳をお持ちの方のみとなり、郵便にて健診の御案内をしています。(春は3月末頃、秋は9月末頃に郵送)

 これにより、春・秋年2回、一般健康診断を受けることができます。(上限額あり)

 なお、秋については多発性骨髄腫の検査も一般健康診断に含まれます。

 2 被爆者二世健康手帳の交付手続について

 被爆者二世健康手帳を取得できる方は、

  • 被爆者健康手帳をお持ちの方の実子
  • 埼玉県内に住所を有する方

 の2つの要件を満たす方となります。

 被爆者二世健康手帳の取得を希望される方は「様式第2号 被爆者二世健康手帳交付申請書」(ワード:40KB) (PDF:68KB)に記入・押印の上、
  • 被爆者健康手帳の写し(父母のいずれか一方)
  • 二世の方の戸籍抄本(謄本)
  • 二世の方の住民票(原本)

 を添えて、お住まいを所管する保健所に提出してください(保健所一覧)。

 3 被爆者二世健康手帳の再交付、住所等の変更、返還の手続について

 (1) 被爆者二世健康手帳の再交付を希望するとき

 被爆者二世健康手帳を紛失、破損、汚損された場合は、「様式第3号 被爆者二世健康手帳再交付申請書」(ワード:38KB) (PDF:77KB)に記入・押印の上、被爆者二世健康手帳を添えて(破損、汚損の場合のみ)お住まいを所管する保健所に提出してください(保健所一覧)。

 再交付の被爆者二世健康手帳は後日、御住所に郵送します。

(2) 被爆者二世健康手帳の記載事項を変更するとき

 以下の場合には、「様式第4号 被爆者二世健康手帳記載事項変更届」(ワード:34KB) (PDF:81KB)に記入・押印の上、それぞれの場合に必要な書類及び被爆者二世健康手帳を添えて、お住まいを所管する保健所に提出してください(保健所一覧)。

  • 埼玉県内で住所変更した場合(住民票を移した場合)

         新住所の住民票

  • 氏名に変更があった場合

         戸籍抄本

 保健所の窓口で書類を確認後、お持ちいただいた被爆者二世健康手帳に変更内容を反映させてお返しします。

 なお、住所変更したにもかかわらず手続未了である場合、被爆者二世健康診断の御案内をお届けできないことがありますので御注意ください。

(3) 被爆者二世健康手帳を返還する必要があるとき

 以下の場合には、「様式第5号 被爆者二世健康手帳返還届・死亡届」(ワード:33KB) (PDF:70KB)に記入・押印の上、それぞれの場合に必要な書類及び被爆者二世健康手帳を添えて、お住まいを所管する保健所に提出してください(保健所一覧)。

  • 県外に転出された場合

         新住所の住民票

  • 被爆者二世の方がお亡くなりになった場合(御遺族等による手続)

         被爆者二世の方の住民票(除票)

 被爆者二世健康手帳は県に返還していただきますので、もし内容を保存したい場合はあらかじめコピーをお取りください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 疾病対策課 指定難病対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?