Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 被爆者医療 > 被爆者の方への健康診断について

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月17日

被爆者の方への健康診断について

令和元年10月以降の健康診断に関するお知らせ

 令和元年10月1日から実施する秋の定期健康診断等について、9月下旬に御案内を発送済みですが、この中に記載している健康診断の検査料等の上限額が、このたび改定されました。

  • 印刷、発送日程の都合上、発送した書類は改定前の額に基づいて作成されておりますが、引き続き御利用いただけますので、そのまま御利用ください(交換等はいたしかねますので御了承ください)。
  • ただし、受診者の方へは今後準備が整い次第、本改定についての御案内を発送予定です(10月下旬以降)。
  • 健診で要精密検査と判定された方への精密検査の御案内については、改定後の金額を反映しています。 
  • 受診者の方の自己負担は、成績票に記載されている検査以外の検査を実施した場合等を除き、発生しませんので、本改定に伴う受診者の方への影響は通常ありません。
  • 医療機関の方への御案内は、その他のお知らせも含めて「被爆者援護に携わる医療機関、介護事業者の方へ」に掲載していますので、御覧ください。

健康診断の概要

 被爆者、第1種・第2種健康診断受診者証所持者の方への健康診断はこのページで御案内します。

 なお、被爆者二世の方については「被爆者二世健康手帳、二世健康診断について」を御覧ください。

 内容

 被爆者等の方には春・秋の年2回健康診断の御案内を、各実施時期の開始直前に郵送にて行っております。

  •  一般健康診断:診察、血液検査、尿検査、血圧検査等
  • がん検診:診察、がんの種類に応じたX線検査等必要な検査

 お持ちの手帳等の種類に応じて次のとおり受診することができます。

  • 被爆者:春は一般健康診断のみ、秋は一般健康診断及びがん検診。
  • 第1種健康診断受診者証所持者:春は一般健康診断のみ、秋は一般健康診断及びがん検診。
  • 第2種健康診断受診者証所持者:春は実施していません。秋は一般健康診断のみ。

 (なお、被爆者の方は上記の春・秋年2回の健康診断のほかに、希望により、一般健康診断を受けることができます。)

 定期健康診断の実施時期

  • 一般健康診断について、例年春は4月~5月、秋は10月~11月となっています。
  • がん検診は例年10月~ 翌年2月となっています。

 受診できる医療機関

 (一社)埼玉県医師会(県内各地域の医師会を含む)に加入する病院、診療所となります。

 県内医師会への加入の有無については、受診を検討されている医療機関に直接お問合せください。

 費用の支払いなど受診後の手続

  1. 健康診断実施後、医療機関から健康診断結果及び請求書が県に対して送付されます。
  2. 県で健康診断及び請求書の内容を審査後、厚生労働省の規程に基づく上限額の範囲内で直接医療機関に支払います。このため、特に上限額の超過や既定の検査項目以外の検査等が生じていない限り、被爆者等の方から医療機関への支払はありません。
  3. 県から受診した方へ健康診断結果を送付します。

お問い合わせ

保健医療部 疾病対策課 指定難病対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?