トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 災害時医療体制について > 医療施設耐震化整備推進事業について

ページ番号:9735

掲載日:2021年11月1日

ここから本文です。

医療施設耐震化整備推進事業について

埼玉県では、国の平成21年度第一次補正予算で措置された医療施設耐震化臨時特例交付金を受けて、埼玉県医療施設耐震化基金条例(平成21年12月25日施行)により、医療施設耐震化基金を設置しました。

医療施設耐震化整備推進事業は、医療施設耐震化基金を活用して、災害時に重要な役割を果たす災害拠点病院等の医療施設の耐震化を図るものです。

なお、平成28年度末をもって同基金を充当する事業が全て終了したため、平成29年4月1日付けで条例を廃止し、基金を解散しています。

現在は国の医療提供体制施設整備交付金を活用して、県内医療機関の耐震化整備を支援しています。

 

県内の医療施設における耐震化の状況(令和2年9月1日現在)

 

病院全体

災害拠点病院

救命救急センター

埼玉県

81.0%

95.5%

全国平均

77.3%

93.6%

 


お問い合わせ

保健医療部 医療整備課 地域医療対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?