トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 災害時医療体制について > 大規模災害時における人工透析について

ページ番号:173930

掲載日:2021年3月15日

ここから本文です。

大規模災害時における人工透析について

    大規模災害による停電や断水等の影響により、慢性腎不全の患者さんが平時に通う透析医療機関において人工透析を継続できない場合、他の医療機関で人工透析を受けられる体制を整備しています。

透析災害医療コーディネーター

県では大規模災害時に、必要な透析医療が迅速かつ的確に提供できるよう、埼玉県透析災害医療コーディネーターを指定しています。

透析災害医療コーディネーターは、必要な透析医療が迅速かつ的確に提供されるよう県に対して医学的助言を行うとともに、行政機関や医療関係機関等との調整を自ら行います。

                                                                                                                       (敬称略)

所属

氏名

さいたま赤十字病院

雨宮  守正

望星クリニック

白井  哲夫

埼玉県災害時透析患者防災の手引きについて

   行政と透析医療機関が共有するマニュアルに沿った透析患者さん向けの災害時の行動指針「埼玉県災害時透析患者防災の手引き」を作成しました。

   透析患者手引き

お問い合わせ

保健医療部 医療整備課 地域医療対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?