トップページ > 新型コロナウイルス感染症総合サイト > 新型コロナウイルス感染症に関する知事発言等について > 更なる感染拡大防止に向けたお願い等に関する知事発言内容(1月7日)(テキスト版)

ページ番号:210291

掲載日:2022年1月7日

ここから本文です。

更なる感染拡大防止に向けたお願い等に関する知事発言内容(1月7日)(テキスト版)

ただいま1都3県の知事会議をやらせていただきました。皆さんには中身については御覧になったとおりでございます。私の方から何点かそれに加えてご報告をさせていただきます。まずは警戒アラート等の発信状況でございます。本日の状況でございますが、警戒区域アラートが引き続き三芳町に出ております。それに対して注意報につきましては、今日、春日部、鴻巣、そして久喜、この3市が追加となり、これまで注意報が出されていたさいたま市、川越市、熊谷市、川口市、所沢市、草加市、越谷市及び戸田市の8市と合わせて、計11市1町に及んでおります。また本日の新型コロナウイルス新規陽性者は214名でございまして、今年に入ってから、1日平均の新規陽性者数は70人を超えることとなりました。警戒区域アラートや注意報が発せられている市町村に在住や在勤されてる方については、県民の方以外につきましても、基本的な感染防止対策の徹底、またこの警戒アラートが出ている地域につきましては、不要不急の外出については可能な限り避けていただきたくお願いを申し上げます。

2枚目でありますけれども、次に感染急拡大に伴うオミクロン対応についてであります。オミクロン株の陽性者が新たに15人判明をし、本県では23人が確認をされたところであります。手元の集計にはなりますけれども、変異株PCR検査におけるオミクロン株疑いの割合は、1月2日までは18パーセントと申し上げてまいりましたが、3日以降について3日から昨日6日までで79%となりました。18%から79%に急拡大をいたしました。すでにオミクロン株にほぼ置き変わりつつあると、申し上げても過言ではありません。このような年始からの感染急拡大の背景にはオミクロン株があると考えます。1月5日付けの国からの事務連絡に基づいて、以下の対応をとることといたしました。まずは、オミクロン株の患者については、デルタ株等これまでの株と同様、症状に応じて宿泊療養や、自宅療養も可能にするということにさせていただきました。2点目になりますけれども、病床のフェーズ、現在はフェーズ2の体制995床で、実はこの後に1段階あるんですけれども、そこは飛ばして最終の感染者急増時体制2,176床に移行をすることを病院に要請をいたしました。今後、2週間を目安にして病床を確保し、感染が爆発的に拡大した時にでも対応ができるように、国が示したピークに合わせた最終段階に移行をさせていただきます。この最終段階への1段階を飛ばしての移行は、今回の感染のペースが非常に早いことからであります。

3つ目でありますけれども、宿泊自宅療養者支援センター、保健所等の体制強化を行っているところでございます。陽性患者へのファーストタッチを確実に素早く、行えるようにするために、ご自宅で療養される方がでたとしても万全の体制を作ってまいります。

次に、さらなる感染拡大防止に向けたお願いであります。今週末は3連休となります。成人式や新年会、旅行等で外出をされる方も多いと思います。特に成人式に参加される新成人の中には、数年ぶりにご友人に会われる、そして旧交を温める、初めてのお酒を酌み交わしたい、こういった方も多いと思います。その一方で、先ほど来申し上げてるとおり、本県においては極めて感染力が強いといわれるオミクロン株の市中感染が疑われる事例、感染経路が不明の事例、さらにはオミクロン株に置き換わっている事例が数多く報告をされることになりました。大切な人を守るため、そしてご友人や友人のご家族を守るためにも基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。まずは、成人式、あるいは旅行に行く前、新型コロナウイルス陽性者と濃厚接触した可能性がある方に配信をされる埼玉県LINEコロナアプリ、お知らせシステム、そして新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAの登録をお願いをし、ぜひ使っていただきたいと思います。また、感染のご不安がある場合は、薬局あるいはドラッグストアで、無料検査、PCR検査等を受けることができますので、検査を受けていただきたいと思います。なお、埼玉県のLINEコロナお知らせシステム等からお知らせが来た場合、もしくは発熱や倦怠感など体調の異常を感じた場合には、速やかに医療機関に受診をお願いします。もう一度申し上げますが、不安を感じる場合であって、発熱等の症状がない場合には、薬局あるいはドラッグストアに必ず事前に連絡をした上でかかってください。他方で、こちらのようにアプリから濃厚接触者の連絡があったり、体調の不良を感じた場合には、医療機関の受診をお願いをいたします。特に新年会などを行う時には、本県の認証制度である「彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)」などの認証を受けているお店が来られるお客様に対して、安心と安全の責任を果たす店として、埼玉県が認証しています。ぜひこれらのお店をご利用いただきたいと思います。

次に、感染リスクが高まる行動の自粛でございます。新年になってからの感染経路が明らかな陽性者の割合を見ると、大きく伸びているのは東京由来、あるいは旅行や帰省、さらにはカラオケを含む飲食での感染であります。これらを通じた感染が割合的にも極めて大きくなっております。そこで長時間の会食やカラオケ、あるいはパーティーなどは感染リスクが高まる可能性が高いと考えられており、特にこの新年以降は非常に大きくなっています。そこで、大人数や長時間のカラオケについて、パーティーについては、あるいは会食については、できる限りお控えをいただきたいと思います。また、県境をまたぐ移動については、可能な限り避けてください。特に、広島県、山口県、沖縄県と7日現在で、重点措置区域に指定をされた地域への移動については避けてください。当該区域への移動については、極力控えるようお願いをすることになりますが、ワクチン・検査パッケージ、あるいは対象者全員検査を受けた場合、つまりワクチン接種者やPCR検査等で陰性の方については、このお願いの対象外となりますのでご注意をください。現在、過去に例を見ないほどのスピードで新規陽性者数が報告をされており、いつ、何どき、特措法に基づく要請など、さらに強いお願いをせざるを得ないとも限りません。このように予断を許さない状況になっています。

まずは、現段階ではこれらのイベントや、あるいは新年以降の傾向をぜひご理解をいただき、基本的な感染防止対策を特に徹底していただけるようご協力をお願いを申し上げます。私からは以上でございます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?