トップページ > 新型コロナウイルス感染症総合サイト > 新型コロナウイルス感染症に関する知事発言等について > 新型コロナウイルス対策本部会議後の知事発言内容(1月22日)(テキスト版)

ページ番号:190312

掲載日:2021年1月22日

ここから本文です。

新型コロナウイルス対策本部会議後の知事発言内容(1月22日)(テキスト版)

 

   お疲れ様でございます。先ほど、埼玉県新型感染症対策本部会議を開催をさせていただいたところでございます。中身につきましては、先ほどお話を聞いていただいたと思いますが、本県を含む首都圏の1都3県に緊急事態宣言が発令されてから、今日で1週間となりました。これまで本県の感染者数、陽性者数につきましては、宣言初日の1月8日に496人、16日には過去最高の582名、そして昨日21日には436名ということでありますので、感染拡大のスピードは一定程度鈍化してきているという評価を、一昨日の専門家会合でもありましたが、しかしながら、ステージ4相当の状況が継続をしていること、そして、まだまだ深刻な状況にあるということ、これについては変わりがない、ということで、今日も共有をさせていただくとともに、先般開催した専門家会議でのご意見を参照させていただきながら、例えば重症者については、発生から遅れたタイミングで増加することもあるので、今しばらく様子を見るべきというのが、専門家のご意見でございましたので、このため、我々としては、まだまだ今の状況について、何らかの判断を下すというのは時期尚早であると、このように考えているところであります。県民の皆様、事業者の皆様については、緊急事態宣言が長引く中、大変なご苦労をおかけをしておりますが、この緊急事態宣言で何としても爆発的な感染を、下火に導かなければなりません。改めてのご協力、人の命を守るためのご協力をお願いをしたいと思います。

   本県といたしましても、先般15日に、1都3県でメッセージを出した通り、特措法45条1項に基づき、外出の自粛要請をお願いをさせていただいているところでございます。そこにつきましても今日の本部会議で確認をさせていただき、第1波の感染拡大前と比較すれば、昼夜ともに減少していますが、特に昼間については、緊急事態宣言の最初の期間の時ほどの減少は見られていないというのが現状であります。是非とも改めて、夜間だけではなく、昼間についても徹底した外出の自粛をお願いを申し上げます。この外出自粛等の呼びかけの実施状況でございますが、1月8日以降、県内63、全ての市町村のご協力をいただき、各市町村の繁華街や駅で、外出自粛の呼びかけ、啓発チラシの配布を行っています。その際には、市町村だけではなく、警察や消防のご協力もいただき、あるいは防災行政無線、消防車両等を通じて呼びかけを行っています。この呼びかけの実施状況としては、1月8日から17日までを集中期間として、県内の100ヶ所、延べ100ヶ所において、63市町村で実施をいたしました。私も、川越、川口の、両駅、あるいは商店街で呼びかけをさせていただきました。 1月18日からは、これを、より地域のレベルに落とし込むということで、市町村の協力をいただき、自治会、消防、防犯活動などを通じて、広範に呼びかけを展開しているほか、県の公式ホームページ、あるいはSNS、テレビ埼玉やNACK5(ナック・ファイブ)、彩の国だよりや、新聞紙各紙の紙面広告でもお願いをさせていただいています。、また、大宮駅、川口駅、越谷駅等の駅前の大型ビジョンにより、お願いをさせていただいています。引き続き、外出自粛のご協力を力を合わせて、呼びかけてまいりたいと思います。

   また、事業者の皆様にはテレワークの徹底等により、出勤者の7割削減をお願いをしているところであります。厳しい目標だと思いますけれども、とにかく、これを達成するリーダーシップを、それぞれの事業者の皆様にはとっていただき、それぞれの職場においても、時差出勤やテレワークを、そういった体制を取りやすい、そういう雰囲気を作れるように、上司をご指導していただきたいというふうに思っています。是非とも、昨年の緊急事態宣言を上回る取り組みをお願いをしたいと思います。これは従業員、あるいはその家族を守ることにも繋がります。また、経済活動を早期に復活させることにも繋がります。是非、御協力をいただきます。この在宅勤務、時差出勤、職場、寮における感染防止策の徹底、従業員への基本的な会食自粛の呼びかけ等については、これは改めて、別途より強い、しっかりとした形で要請を行っていくつもりであります。

   次に、営業時間の短縮要請ですけれども、現在、飲食店等に対して、営業時間短縮のお願いをさせていただいています。この協力の状況を確認するため、夜間の見回り調査を行っております。これまでに、681店舗を確認をさせていただき、そのうち97パーセントが20時で営業を終了しています。このような、命を守る取り組みに御協力をいただいている飲食店に、改めて、心より感謝を申し上げたいと思います。なお、まだご協力をいただいていない飲食店につきましては、2月7日までの間、午後8時までの営業時間の短縮、酒類の提供は午後7時まで、この協力を、是非ともいただきたいと強くお願いをするものでございます。劇場、観覧場、映画館や生活必需品を除く1,000平米を超える物品販売業等も、また、営業自粛、短縮、時間短縮をしていない事業者には、是非、御協力をお願いいたします。

   県民の皆様、そして事業者の皆様のお1人お1人のお力が救える命を救い、人の命を守ります。経済を早期に回復させます。是非とも改めてのご協力を心よりお願いを申し上げます。よろしくお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?