トップページ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症施策 > 認知症サポーター養成講座について > さいたま赤十字看護専門学校における「認知症サポーター養成講座」(平成28年5月7日(土曜日))の開催について

ページ番号:69714

掲載日:2020年11月26日

ここから本文です。

さいたま赤十字看護専門学校における「認知症サポーター養成講座」(平成28年5月7日(土曜日))の開催について

認知症サポーター養成講座開催報告 さいたま赤十字看護専門学校編

はじめに

 県及び各市町村では認知症に関する正しい知識と接し方を学ぶ「認知症サポーター養成講座」(以下「養成講座」という。)を開催しています。

 特に、将来の地域医療を担う看護学生が認知症の人やその家族の気持ちを正しく理解することはとても大切であるため、県は各看護学校での養成講座の開催をお願いしています。

 今回は、さいたま赤十字看護専門学校の御協力により、養成講座を平成28年5月7日(土曜日)に開催しました。

 他の学校での開催の参考としていただきたく当日の概要を報告します。

養成講座

 今回は、さいたま赤十字看護専門学校の学生の皆さん及び保護者を対象とした学校行事として例年実施している「講演会」の時間を活用して認知症サポーター養成講座を開催していただきました。併せてさいたま赤十字病院の職員の方にもご参加いただき、合計155名の認知症サポーターが誕生しました。

 当日の講師(キャラバン・メイト)は、さいたま市の 地域包括支援センターナーシングヴィラ与野の皆様に務めていただきました。

 養成講座では認知症の基本的知識のほかに、2006年に京都市伏見区で起きた認知症の母の殺害事件に関する映像を視聴しました。

 この事件は多くの看護学生の心を揺さぶり、「このような気持ちにさせてしまった社会を変えていくべき」などの力強い感想がありました。

 看護学校からは、「学生や保護者にとって具体的でわかりやすかった」「講座で学んだ認知症の人やその家族の思いを、老年看護学や在宅看護論の講義の中で想起させたい」などのご意見をいただきました。

 キャラバンメイトの方からは看護学生を始めとした受講者の皆さんに対して、「熱心に聴講していただき、私達もやりがいを感じました。認知症の方が増えていくなか地域住民として、また専門職として支える役割を担っていただけると、とても心強いです。一緒に力を合わせていきましょう。」というメッセージをいただきました。

さいたま赤十字看護専門学校

 

看護学生の皆さんの感想(アンケート結果から)

  • (認知症の人を)困った人だと思っていたけど、本人はすごく不安なんだと気づきました。
  • 思い出せないこと自体を忘れているから気持ちは楽なのではと思っていた。しかし、思い出せずいつまでも困っている状態なのだとわかった。
  • 私はテレビなどで認知症の方を見て、なぜあのような行動を取るのか不思議に思っていました。でも今日その理由がわかり、私たちも認知症と思われる方を見かけたら、きつくあしらうのではなく、優しく接していきたいなと思いました。
  • これから職に就き働く中で、認知症の患者と接することが多くなる。その際に、今日のことを思い出していきたい。

今回の開催結果

 これからの看護師としての将来に重ねてアンケートに回答した看護学生も多く、養成講座に参加した若い看護学生の皆さんには認知症を「身近な問題」として受け止めていただけたようです。

 看護学生の皆さんは、近い将来看護師となり、病院や診療所などで、認知症の人やその家族を地域でしっかりと支えることのできる存在になってくれることと思います。

 県では、これからも学校における養成講座開催を積極的に働き掛けていきます。関心のある学校等からの問い合わせをお待ちしています。

お問い合わせ

福祉部 地域包括ケア課 認知症・虐待防止担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?