トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 指導監査 > 令和4年度社会福祉施設等指導監査方針と監査体系

ページ番号:19920

掲載日:2022年8月17日

ここから本文です。

令和4年度社会福祉施設等指導監査方針と監査体系

目次

  1. 令和4年度  社会福祉施設等指導・監査基本方針
  2. 令和4年度  社会福祉施設等指導監査等の体系

令和4年度  社会福祉施設等指導・監査基本方針

(1)  利用者の立場に立った指導・監査

施設(事業所)の適正な運営の確保と利用者へ安心・安全なサービスが提供されるよう指導・監査を行う。

実地指導・監査においては、施設内の巡視を行うとともに、利用者や職員の話を直接聞き、サービス提供状況の把握を行う。

(2)  重大事案に関する機動的な対応

苦情通報に対して迅速かつ丁寧な対応を図る。特に、緊急に対応すべき重大な不正や権利侵害事案に対しては、原則として2日以内の特別調査を実施する。

(3)  指摘事項の改善徹底

指摘事項の改善状況を確認するとともに、必要に応じて、責任者の呼出しや連続した実地指導・監査などを行い、改善の徹底を図る。

(4)  指導・監査の重点項目

  • ア  水防法等に基づく非常災害対策
  • イ  新型コロナウイルス等感染症対策
  • ウ  業務継続計画策定の促進
  • エ 虐待防止対策
  • オ 介護報酬等の適正な算定
  • カ 新たな介護人材確保対策と定着支援の取組

    

令和4年度 社会福祉施設等指導監査等の体系

社会福祉施設等指導監査の体系図

 

お問い合わせ

福祉部 福祉監査課 総務・障害施設・事業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館3階

ファックス:048-830-4788

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?