Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > ペット・動物 > 鳥獣保護 > 野生獣肉の放射性物質調査の結果について

ここから本文です。

 

掲載日:2019年1月11日

野生獣肉の放射性物質調査の結果について

埼玉県では、平成23年3月の東日本大震災の後から、国の要請に基づき、一般社団法人埼玉県猟友会、秩父市、飯能市、本庄市及びときがわ町と協力して、県内に生息する野生のイノシシ及びニホンジカの放射性影響調査を継続して実施しています。

その結果、平成24年10月21日に秩父市浦山地区で捕獲されたニホンジカの肉から食品衛生法の規定に基づく食品中の放射性物質の基準値(100Bq/Kg)(以下、「基準値」という。)を上回る放射性セシウムが検出されました。

最近では、平成28年7月7日及び10月4日に秩父市浦山で捕獲されたニホンジカの肉から、基準値(100Bq/Kg)を上回る放射性セシウムが検出されていますが、それ以降は現在に至るまで検出されていません。

なお、イノシシの肉からは現在まで基準値(100Bq/Kg)を超える放射性セシウムは検出されていません。

調査結果についてはこちらをご覧ください。

シカ肉の出荷・販売に対する自粛について

埼玉県では、県民の安心・安全を確保するため、ニホンジカの食肉を取り扱う事業者に対し、県内で捕獲されたニホンジカ食肉の出荷・販売の自粛を要請していますが、平成26年10月16日から下記のとおり安全性を確認したものについては出荷・販売の自粛を一部解除しています。

県内で捕獲されたニホンジカの食肉については、自粛解除されたもの以外は食べないようお願いします。

シカ肉の出荷・販売に対する自粛の一部解除について

平成26年10月16日から、県内で捕獲したニホンジカの肉のうち、食肉処理業施設並びに県による二重の放射性物質検査により、安全性が確認されたものに限り出荷・販売の自粛を解除しています。

解除の対象としている食肉処理業施設は以下の2施設です。

  • 株式会社肉の宝屋(所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野1867-1)
  • 夢風庵精肉店(所在地:埼玉県秩父市定峰336)

食肉処理業施設が取り扱うシカ肉の放射性物質検査結果は、こちらをご覧ください。
食肉処理業施設が取り扱うシカ肉の放射性物質検査結果について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 みどり自然課 野生生物担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎2階

電話:048-830-3143

ファックス:048-830-4775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?