Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > エネルギー政策・温暖化対策 > 目標設定型排出量取引制度 > 排出量の取引 > 排出量取引の契約手続き(準備・相手の選定・契約の締結・事後確認)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月29日

排出量取引の契約手続き(準備・相手の選定・契約の締結・事後確認)

排出量取引の準備、相手の選定、契約締結、事後確認を行う方法を紹介するページです。

 

 

「排出量取引セミナー」において、契約手続き・取引に関する申請手続きや注意点等について説明をしています。

こちらのページ(説明会)で過去に開催したセミナーの資料を公開していますので、併せて御覧ください。

 

1.契約手続きの一般的な流れ

埼玉県制度で排出量取引を行う場合の手続の一般的な流れは次のとおりです。

(事前準備)

  • 取引スケジュールの作成及び予算措置
  • 口座の開設

(契約手続き)

  • 取引候補の選定、見積もりの依頼
  • 取引相手の決定
  • 売買契約の締結
  • 埼玉県への振替申請
  • 振替状況確認(代金の支払い)

 

2.事前準備

基準排出量を大幅に超過することが予想される場合、排出量取引により取得するクレジット等の量及び取得費用が大きくなる可能性があります。

  • 基準年度以降、大幅に排出量が増加しており、自らによる削減対策のみでは、目標を達成することが困難である
  • 予想される削減不足量が大きく、排出量取引の費用が大きくなる可能性が高い。
  • 排出量取引にかかる費用が大きく、単年度での予算措置が困難である。(複数年度に分けて取得する必要がある)

そのような大規模事業所の担当者は、購入時期を複数回(複数期)に分けるなど、取得計画及び予算措置等について、あらかじめ(できるだけ早い時期に)、「トップマネジメント」の方を交えて検討を開始することをお勧めします。

 

3.取引の契約

(1)取引候補の選定、見積もり依頼

本制度に基づくクレジット等の取引においては、定価等は設定されていません。(取引価格は売り手と買い手の2者間の取り決めにより決定されます。また無償であっても構いません。)

複数の候補を比較して、取引相手を選定することをお勧めします。

取引候補の選定方法(例)

同一法人や関連法人等の付き合いのある事業者から選定する

制度対象となる大規模事業所は県HPで公表しています

大規模事業所の情報については、こちら(大規模事業所の排出状況・削減状況)

県HPでクレジットの所有を公表している事業者から選定する

事業者の希望により発行・所有状況を県HPで公表しています 。

また所有をしている事業者は、積極的に公表を行ってください。

埼玉県制度のクレジット等の発行・所有状況についてはこちら(管理口座の開設状況・クレジット等の発行・所有状況)(※)

グリーンエネルギー証書発行事業者や J-クレジット等を取扱う事業者から選定する

過去に埼玉県が主催した排出量取引セミナーにブース出展をした事業者は、こちら(説明会)

クレジットの仲介事業者から選定する

過去に埼玉県が主催した排出量取引セミナーにブース出展をした事業者は、こちら(説明会)

※ 公表を希望しているもののみです(埼玉県のホームページにおける公表は、クレジット等を持つ事業者であって公表を希望する者であれば誰でも行うことができます)。また、公表事業者について、県が取引に係る信用を評価(保証)するものではありません。

(2)取引相手の決定

取引相手の決定にあたって、以下の事項を検討してください。

検討事項の例

取引に必要な口座を開設しているか
取引を希望する量のクレジットを所有しているか

埼玉県制度の目標達成に利用できるクレジットであるか

・県HPで口座開設状況や所有状況が公表されています。(管理口座の開設状況・クレジット等の保有状況)

・発行や振替を受けた記録は、「発行通知書」「振替通知書」等により確認できます。(発行や振替を申請した事業者に対し、埼玉県が通知を発行します)
・最新の所有状況は、「削減量口座簿記録事項証明書」により確認できます。(口座名義人からの申請により、口座名義人に対し、埼玉県が証明書を発行します。申請ができるのは口座の名義人だけです。)

希望する時期に取引をすることが可能か

埼玉県への口座開設、発行、振替の申請については、一定の処理期間を要します。取得後の充当手続きに要する期間も考慮して、期限に間に合うか検討してください。

取引予定価格はいくらか

価格は取引当事者の合意により決定されます。定価等はありません。無償であっても構いません。
また、ロット(購入単位)により価格は変動することが一般的です。

口座情報の証明に係る申請はこちら(申請・届出・クレジット様式集のページへ

排出量取引に係る口座簿要綱及びガイドライン等はこちら(指針・要綱・ガイドラインのページへ

(3)売買契約の締結

契約時には、以下のような事項を取り決めることをお勧めします。

振替を行う口座、クレジットの種類、識別番号(シリアル番号)

複数のオフセットクレジット等を所有する事業者と取引する場合は、その創出元やクレジットの種類によって、その価値や、バンキング時の増加倍率(※)などが異なる場合があります。識別番号などを用いて、取引を行うクレジットを明確にしましょう。

※ 第2計画期間へ繰り越す場合の増加倍率は、創出元の状況により異なります。 

振替を実行する時期(期限、予定日)

振替実行は、申請書の提出を受けて、県が行います。申請書に実行希望日を記入することができますが、一定の事務処理期間を要しますので、希望日どおりの実行ができない場合があります。また申請書類の不備などによっては、大きく手続きが遅れる可能性もあります。希望日どおりの実行ができなかった場合の対応なども取り決めておきましょう。

申請手続きを履行すること

振替に関する申請手続きは、契約当事者のうち、一者が行います。(所有するクレジットが減少する事業者しか申請手続きはできません)

手続きを確実に履行する規定を、契約書に明記しましょう。

振替実行完了の確認方法

振替通知は、申請者(所有するクレジットが減少する事業者)にしか発行されません。振替実行確認の方法をあらかじめ定めておきましょう。

減少する事業者に発行される振替通知書の写しを、増量する事業者に渡す

増量する事業者が、県に対し削減量口座簿記録事項証明書の交付を申請する 等 

履行確認と代金支払い

契約の履行確認と、代金支払いの時期、方法を定めておきましょう。

契約不履行時の対応

振替申請が履行されない、代金の支払いが履行されない、虚偽の申請により発行・振替が行われたクレジットだったなど、契約の内容が履行されなかった場合の対応についても定めておきましょう。

期日までに代金が支払われなかった場合は、 買主がクレジットを移転元に戻す申請をすることを義務付ける 等

手続きの不履行や料金未払い等のトラブル等を防止するため、契約書を作成して契約を締結することをお勧めします。

・契約書様式(参考様式) ダウンロード(ワード:120KB)

※ この契約書の様式は、振替可能削減量の売買を行う事業者の参考として提示するもので、利用が義務付けられているものではありません。この様式を利用する場合においても、その内容を十分に確認し、個別の取引の状況に応じて契約内容を修正してください。 

(4)埼玉県への振替申請

排出量取引に係る振替申請は、クレジット振替元の事業者(移転によって口座簿の振替可能削減量が減少する事業者)が県に対して行います。

申請手続には標準処理期間が設定されています。また目標達成のためには、クレジット等の取得後に、指定管理口座への振替、充当等の申請が必要です。スケジュールに御注意ください。

申請手続きについては、こちらのページ(管理口座・クレジットに関する手続き)を御覧ください。

(5)振替状況確認(代金の支払い)

申請に基づき振替が行われた後、埼玉県から申請者に対して振替通知書が交付されます。売り主から振替通知書(原本又は控え)を受け取ったら、適切に振替が行われたかどうか、下記の項目を参考に確認してください。

振替通知書確認項目(例)

  • 振替元及び振替先管理口座の口座番号が、契約書記載のとおりであるか
  • 振替したクレジット等の種類及び量が、契約書記載のとおりであるか
  • 振替日は契約書記載のとおりであるか(希望日に振替ができなかった場合は、その後の対応が契約書記載のとおりであるか)

買い主は、振替手続の実施後に、自らの一般管理口座の削減量口座簿記録事項証明書を取得することで、クレジット等が振替されていることを確認することもできます。

契約の内容が履行されていることを確認したら、振替先(買い主)から振替元(売り主)に対し代金の支払いを行います。

 

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 計画制度・排出量取引担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?