Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 消防 > 火災予防 > スプレー缶ガス抜き時等における事故に注意!

ここから本文です。

 

掲載日:2018年12月18日

スプレー缶ガス抜き時等における事故に注意!

皆さまの身近にあるスプレー缶を廃棄したり保管する場合は以下の点に注意しましょう。

廃棄するときは(ガスを抜くとき)

  1. 屋外で行う。
  2. 風通しの良い場所で行う。
  3. 火の気のない場所で行う。
  4. 完全にガスを抜いてから穴をあける。
  5. 商品の取扱い方法をよく読む。

〈事故事例1〉

台所の流しでガスを抜いていたところ、近くのコンロの火が引火して火災になった。

〈事故事例2〉

ガスが残った状態で、缶に穴をあけ、残っていたガスに火花が引火し負傷した。 

※注意

スプレー缶の廃棄は、自治体によって異なります。各自治体のルールにしたがって廃棄してください。ガスを抜かなくても廃棄できる自治体もあります。 

保管するときは

  1. 高温になる場所を避ける。(コンロ周辺、直射日光が当たる場所など)
  2. 不必要に大量に保管しない。 
  3. 子供の手の届かない場所に保管する。
  4. 商品の取扱い方法をよく読む。

〈事故事例3〉

スプレー缶をストーブの前に放置した結果、スプレー缶が高温になり破裂した。

関係団体へのリンク

お問い合わせ

危機管理防災部 消防課 予防担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?