トップページ > くらし・環境 > 防災・消防 > 消防 > 火災予防 > 通電火災対策の徹底をお願いします。

ページ番号:180216

掲載日:2020年7月13日

ここから本文です。

停電時には注意が必要です。

停電からの再通電時において、電気機器又は電気配線からの火災が発生するおそれが生じることから、以下を参考に対策を講じてください。

水害により停電が発生した場合は、必ず実施しましょう。

 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜くこと。
停電中に自宅等を離れる際はブレーカーを落とすこと。
再通電時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用すること。
建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡すること。

 

お問い合わせ

危機管理防災部 消防課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?