Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 消防 > 火災予防 > 非常電源は点検が必要です!!

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月16日

非常電源は点検が必要です!!

消防用設備の非常電源は点検が必要です!!

建物に設置されているスプリンクラー設備や屋内消火栓設備等(消防用設備)は、火災等で停電した場合でも有効に作動するように非常電源が設置されています。

非常電源には、非常電源専用受電設備、自家発電設備、蓄電池設備及び燃料電池設備があり、関係者(所有者、管理者又は占有者)は、スプリンクラー設備や屋内消火栓設備などと同じように、定期に点検し管轄の消防署等へ報告することが消防法で義務付けられています。

点検を実施しなかったり報告を怠ると消防法違反となり、関係者(所有者、管理者又は占有者)が罰せられます。

非常電源を含む消防用設備は、人命を守るものです。必ず点検、報告を実施してください。

点検の時期は??

非常電源は、スプリンクラー設備や屋内消火栓といった消防用設備の一部です。6カ月に一度の機器点検、1年に一度の総合点検が必要となります。

shouta

自家発電設備の点検基準の改正について

jikahaturihuretto

非常電源の自家発電設備は、点検基準に定められている負荷運転を実施する際、施設を停電させなければ点検できない場合があるなど、施設の管理者に負担が大きいことから、従来の実負荷運転のに代えて行うことができる点検方法として内部観察等が追加されました。詳しくは、以下のリーフレットを参照ください。

自家発電設備の改正に関するリーフレット(PDF:337KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理防災部 消防課 予防担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?