ページ番号:6146

掲載日:2022年4月6日

ここから本文です。

県内の犯罪情勢(令和3年)

県内の刑法犯認知件数は減少傾向

令和3年の埼玉県の刑法犯認知件数は4万166件で、前年と比較すると4,319件(9.7%)の減少でした。
過去最悪を記録した平成16年の18万1,350件と比較すると、14万1,184件(77.9%)も減少しています。

※県内の犯罪統計については、埼玉県警察本部のホームページ(ホーム>暮らしの安全>犯罪統計)も併せてご覧ください。

刑法犯認知件数の推移(平成16年~令和3年)

県民の生活に身近な犯罪発生状況

埼玉県の刑法犯認知件数のうちの3割以上が、住宅対象侵入窃盗や自転車盗などの生活に身近な犯罪です。その発生状況を見ると、施錠していない玄関や窓からの住宅内への侵入や、施錠していない自転車の盗難など、一人ひとりの意識次第で被害を減らせる場合も多く、防犯意識の浸透がまだまだ十分とは言えない状況です。

今後、さらに犯罪を起こさせにくいまちづくりを進めていくためには、積極的に防犯対策を講じることが大切です。

犯罪の多くは身近な場所で行われており、下記の表のとおり、「県民の生活に身近な犯罪」が全刑法犯罪の約3割以上を占めています。

特に自転車盗は全刑法犯罪の約2割を超えるなど、もっとも多く発生しています。

県民の生活に身近な犯罪の発生状況(令和3年中)

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯・犯罪被害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?