トップページ > 県政情報・統計 > 広聴 > 県政サポーター > 県政サポーターズルーム

ページ番号:10853

掲載日:2021年7月21日

ここから本文です。

県政サポーターズルーム

このページでは、県政サポーターにご登録いただいたかたへ、制度や仕事の内容について詳しくお知らせします。

さいたまっちイラスト

  1. 県政サポーターの皆さん、ご登録ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。
  2. 第186回簡易アンケート「自転車損害保険等への加入状況について」終了しました。(7月21日)
  3. 現在の県政サポーター登録者は3,195人です。(令和3年7月1日現在) 

お知らせ

アンケート結果の公表のお知らせ 

(令和3年度分)

埼玉県産の花植木の現状を示す指標として、県の様々な施策を進める上での基礎資料とさせていただきます。

より安心で便利なキャッシュレス決済の推進に役立てさせていただきます。

利用者サービス向上のため、埼玉県営水道の長期的な事業運営方針である「埼玉県営水道長期ビジョン」の見直しに役立てさせていただきます。

 

(令和2年度分)

新鮮な埼玉県産農産物を身近で手に入れ、味わう機会を広げられるよう、地産地消の一層の推進に役立てさせていただきます。


アンケートへのご協力ありがとうございました。 

県政サポーター制度について(目次)

県政サポーター制度の目的

県では、常に県民本位の県政を心掛けるとともに、皆さんの県政に対する声をお聴きするため、「県政サポーター制度」をはじめ、「知事への提案」「県政世論調査」など、さまざまな広聴活動を行っています。
このうち「県政サポーター制度」は、IT社会のめざましい進展を踏まえ、インターネットを活用して広く皆さんのご提案やご意見を、組織的・継続的にお聴きすることを目的としています。
皆さんからのご意見などを、県の行政施策の企画・立案・実施のための参考として活用し、県施策の的確な推進を図っていきます。

埼玉県県政サポーター設置要綱

県政サポーターの立場

県政サポーター皆さんの立場は、県・市町村の議員や民生委員のように、特別な立場を保障されたり、あるいは義務付けられたものではありません。
今後とも、県のホームページや広報テレビ・ラジオ番組、広報紙などをご覧いただき、県の施策に対して一層の関心をお持ちいただきますようお願いします。

県政サポーターの任期

県政サポーターの任期はありません。
県政サポーターが次の事由に該当するようになったときは、規定により、登録を抹消します。

  1. サポーターのかたから登録抹消の申し出があったとき
  2. 議員・首長や、常勤の埼玉県職員になったとき
  3. サポーターとしての参加が1年以上ないとき
  4. 電子メールの送付が6か月以上不達の状態にあるとき

以上のほか、サポーター設置要綱で禁止されている行為があったときは、登録を抹消します。

県政サポーターの概要

  1. 定数:なし(随時募集・随時、応募者に通知)
  2. 任期:なし
  3. 仕事の内容:サポーターアンケートへの回答、電子メールを通じての意見・提言の提出など
  4. 応募資格:満16歳以上で、インターネットのブラウザの閲覧及びメールの利用を日本語でできる人(ただし、議員・首長や、常勤の埼玉県職員を除く)※サポート期間の切れたOS(WindowsXP,Vistaなど)の端末からの利用はできません。 
  5. 費用負担:サポーターのかたが職務で利用する機器に関する経費や、インターネットへの接続に要する通信費等は、すべてご本人の負担となります。

登録情報(住所やメールアドレス等)が変更になった時は

転居した時

アンケートの謝礼送付時に住所が必要となりますので、サポーター登録番号、お名前、新しい住所を速やかに下記のリンクからメールで県民広聴課までご連絡ください。

メールアドレスを変更した時

アンケート開始の連絡など、県民広聴課からサポーターの皆さんへのご連絡は、原則として、電子メールを使用しています。

メールアドレスを変更される(された)場合には、サポーター登録番号、お名前、旧メールアドレス、新メールアドレスを速やかに下記のリンクからメールで県民広聴課までご連絡ください。

その他登録情報(電話番号等)の変更の場合は、サポーター登録番号、お名前、変更内容を次のリンクからメールで県民広聴課までご連絡ください。

(ここをクリックするとメールの送信画面が表示されます。)

県政サポーターの役割

県政について、次の方法で、ご意見やご提言を寄せることができます。

アンケート

県政に関する特定の課題について、アンケートを通じてご意見をお聴きします。アンケートは、サポーター全員に行うものと、対象者を限定して行うものがあります。

提出方法

アンケートページのアドレスが記載されたメールをお送りしますので、定められた期日までに指定されたアンケートフォームから回答してください。

※サポート期間の切れたOS(WindowsXP,Vistaなど)の端末からの利用はできません。

アンケート結果の活用

アンケートのテーマは、各部局からの希望テーマの中から決定していますので、その部局の行政施策の企画・立案・実施に当たって参考意見として活用します。

※アンケート調査の結果は、まとまり次第、県のホームページに掲載し、皆さんにメールでお知らせします。
過去のアンケート結果は、こちらからご覧ください。(県政サポーターアンケート)

サポーターの提言

県政についてお気付きになったことがございましたら、提言としてお寄せください。
任意にお願いするものであり、ご提言の時期や回数には制限はありません。建設的なご提言をお待ちしています。

提出方法

電子メールにて、以下のアドレスまでサポーター登録番号と住所(市区町村名まで)、提言のタイトル(○○について)、提言本文を入力して送信してください。

※サポート期間の切れたOS(WindowsXP,Vistaなど)の端末からの利用はできません。

県民広聴課では、受付後、受け付けた旨のメールを返信します。送信後、1週間を経過しても、返信がない場合は、県民広聴課へお問合せください。

専用送信フォームはこちらから[送信フォーム(送信画面)は暗号化通信(SSL)で保護されています。]

※送信フォームのウェブアクセシビリティについて

作成する場合の注意点

  1. 文章は簡潔に記載してください。文字化けを防ぐために、適宜改行をしてください。
  2. 内容の異なる複数の提言を同時に行う場合は、各提言ごとに記載し、送信してください。
  3. 個人的な苦情や不満、特定の個人を名指ししての意見、または他人の名誉を傷つける事柄はご遠慮ください。

寄せられたご提言の活用

お寄せいただいたご提言は、個別に回答を差し上げません。関係部局へ原文をそのまま送付し、行政施策の企画・立案・実施に当たっての参考意見として活用させていただきます。

また、ご提言を要約し、匿名とした上で、県ホームページや県の広報紙「彩の国だより」などで紹介させていただくこともありますので、ご了承ください。
その際、県としての取り組みや考え方を明らかにする必要があるものについては、県からのコメントを併せて公表する場合もあります。

回答に対する謝礼(令和3年度)

アンケートの回答実績に応じてポイントを付与します(アンケート1回あたり20~100ポイント)。

年度末(令和4年3月)に、500ポイントを1口として、抽選で計140名のサポーターに以下の謝礼を差し上げます。

  • 県産農産物(米5kg)……………………  20名
  • 県産農産物(お茶とお菓子のセット)… 20名
  • 全国共通図書カード(1,000円分)…… 100名

未使用のポイントは翌年度に繰り越されます。

【例1】1,000ポイント保有の場合

  • 2口の権利を持って抽選に自動参加

【例2】700ポイント保有の場合

  • 1口の権利を持って抽選に自動参加
  • 残りの200ポイントは令和3年度に繰り越し

※県政サポーターの登録を抹消された場合、抹消された時点でポイントは消滅し、抽選への参加はできなくなります。なお、獲得したポイントを第三者に譲渡することはできません。また、「サポーターの提言」について、謝礼はありません。

※謝礼は登録先住所に送付します。ただし、サポーターに謝礼が届かない場合で、電話や電子メールにより連絡がとれない場合は謝礼の受取を辞退したものとみなします。住所、メールアドレス、電話番号の変更時には速やかにご連絡ください。

寄付制度について

平成25年度から新たに導入しました「寄付制度」についてお知らせいたします。

寄付制度の概要

謝礼(図書カード及び農産物)について、寄付の意思表示をされた方については謝礼をお手元にお届けせずに県民広聴課でお預かりし、県内の児童養護施設等に寄付をするものです。
寄付の意思表示については、今年度分のみとなります。次年度以降の寄付については、毎年年度末に謝礼当選者のかたへ照会させていただきます。

【寄付制度のイメージ】(PDF:244KB)

※本寄付については、国税をはじめ、寄付金控除等の対象とはなりませんのであらかじめご了承ください。

令和2年度の寄付について

謝礼の当選者のかたに、県内の児童養護施設等への寄付受付を行なったところ、24名の県政サポーターのかたから、謝礼の図書カード(合計22,000円分)について寄付のお申し出をいただきました。

お預かりした図書カードは、令和3年3月25日に埼玉県児童福祉施設協議会を通じ、県内児童養護施設等に寄付いたしました。
寄付に御賛同いただいた県政サポーターの皆さん、誠にありがとうございました。

埼玉県児童福祉施設協議会からは感謝状(PDF:763KB)をいただきました。

令和2年度寄付をいただいた県政サポーターの皆さん(順不同)

戸田  敦司     様(さいたま市)       浅沼  義之     様(伊奈町)
石澤  勝信     様(川口市)              中村     整     様(坂戸市)
新井  喜広     様(行田市)              安本     進     様(志木市)
矢島  貴夫     様(久喜市)              飯島  マリ子 様(上里町)
山口  英明     様(さいたま市)       利根川  遥     様(行田市)
荒川  萃代     様(所沢市)              吉田  哲郎     様(さいたま市)
藤田  信之     様(さいたま市)       清水  千尋     様(春日部市)
逸見  敏郎     様(東京都)              金子     淳     様(富士見市)

ほか8名の皆さん

お問い合わせ

県民生活部 県民広聴課 広聴・知事への提案担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-822-9284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?