トップページ > 県政情報・統計 > 広聴 > 県政サポーター > 県政サポーター募集「若い世代の声、聴かせてください」

ページ番号:120279

掲載日:2022年4月15日

ここから本文です。

県政サポーター募集「若い世代の声、聴かせてください」

10代、20代の皆さんへ「県政サポーター」になりませんか?

県政サポーター募集「埼玉県を応援するぞ」

埼玉県では、インターネットアンケートを通じて、県政の課題についてご意見をお聴きする「県政サポーター」を募集しています。

県政サポーターには「満16歳」からなることができますが、現在、10代20代のかたの登録が少ない状況です。

アンケートの結果やいただいたご意見は、県の施策の参考にさせていただいています。

是非、あなたも「県政サポーター」になって、若い世代の声を県に届けてくださいませんか?

アンケートに回答するごとにポイントが貯まり、500ポイントが貯まったかたの中から抽選で県産農産物や図書カードを差し上げます。

皆さまのご登録をお待ちしています。

→  今すぐ応募されるかたはこちらから

 

 コバトンとさいたまっち画像 県政サポーター コバトン&さいたまっちQ&A

  コバトン画像  Q  県政サポーターになって、何かいいことあるトン?

     おすすめポイント

  1. 自分たちの声が県政に届く
  2. 埼玉県について知るきっかけになる
  3. ポイントが貯まると抽選で県産農産物や図書カードを進呈 
  コバトン画像  Q  県を応援するって、具体的に何をしたらいいトン?

     県政の課題に関するインターネットアンケートに回答していただきます。

  コバトン画像  Q  県政の課題についてのアンケートって、難しくないトン?
  1. あなたは、過去1年間にスポーツ・レクリエーション活動をする機会がどのくらいありましたか。
  2. あなたは、SDGsについて知っていますか。
  3. あなたのご自宅では、災害に備えて水・食料を用意していますか。 
  4. あなたは「ケアラー」という言葉を知っていますか。

県政サポーターになるとこんな「いいこと」 

おすすめポイント1  自分たちの声が県政に届く

アンケート結果は県の施策の参考とさせていただいています。

例えば、計画策定の審議会などの資料や、施策の達成度合いを測る指標、新規事業の基礎資料などになっています。

埼玉県のニュースとして、新聞記事になったりすることも…。

アンケート結果の発表は、月に1回のメールでご連絡しています。

埼玉県の課題についてみんなはどう考えているのか、回答したアンケートの集計結果を、ホームページで知ることができます。

おすすめポイント2  埼玉県について知るきっかけになる

アンケートのテーマはさまざまな「埼玉県の課題」について。

アンケートに回答することで、埼玉県について知ったり、県の施策について考えたりする機会が生まれます。

→ 実際にこんなアンケート、やってます!

おすすめポイント3  抽選で県産農産物や図書カードを進呈

アンケートに回答するとポイントが貯まり、年度末(毎年3月)に500ポイントを一口として、抽選で計140名に県産農産物や図書カードを差し上げます。

県産農産物や図書カードは県内児童福祉施設に寄付をすることもでき、社会貢献にご関心のあるかたにもおすすめです。

県政サポーターって、何をするの?

 サポーターになると、県政の課題に関するインターネットアンケート(年間20回程度)に回答していただきます。

メールとインターネットが使用できれば、パソコンやスマートフォンから登録が可能。

アンケートを通じて、県政に参加いただける仕組みです。

是非、皆さまのご登録をお待ちしています。

県政サポーターについてもっと詳しくお知りになりたいかたは、こちらから 

今すぐ応募されるかたはこちらから

 こんなアンケート、やってます!

 実際に行なったアンケートから、一部を抜粋してコバトンとさいたまっちがご紹介します。

埼玉県のスポーツ施策について

質問  あなたは、過去1年間にスポーツ・レクリエーション活動をする機会がどのくらいありましたか。

 スポーツをする機会について

 第187回簡易アンケート「埼玉県のスポーツ施策について」より(別ウィンドウで開きます)

 

  • 『週1回以上(計)』が6割弱(59.0%)

 

質問  あなたが行なっているスポーツの種目は何ですか。(あてはまるものすべて)

スポーツの種目について

 

  • 「ウォーキング・散歩(ぶらぶら歩き、一駅歩きを含む)」が7割強(72.1%)
  • 「自転車・サイクリング」が2割弱(19.2%)
  • 「体操(軽い体操、ラジオ体操含む)」が2割弱(18.5%)
  • 「階段昇降」が1割半ば超(16.9%)
  • 「ジョギング・ランニング」が1割強(13.1%)など

 

サイクリングをするコバトンとさいたまっち  

「体を動かすのは気持ちいいトン

   心も体も健康トン!」

 

 

埼玉県におけるSDGsの推進について

質問  あなたは、SDGsについて知っていますか。

SDGsの認知度 令和3年度SDGsの認知度 令和2年度

 第191回簡易アンケート「埼玉県におけるSDGsの推進について」より(別ウィンドウで開きます)

 

  • 「17の目標すべてを知っており、内容を人に説明できる」3.7%、「いくつかの目標を知っており、内容もある程度知っている」48.9%、「SDGsという言葉は聞いたことがあるが、内容はよく知らない」36.2%を合わせた「知っている(計)」は9割弱(88.8%)
  • 前回調査より31.2ポイント増加

 

質問  あなたは、SDGsのどの分野に興味がありますか。(複数回答可)

SDGsの興味がある分野

 

  • 「すべての人に健康と福祉を」が最も多く5割強(51.0%)
  • 「気候変動に具体的な対策を」が5割弱(49.9%)
  • 「貧困をなくそう」が4割半ば超(47.7%)

 

ハートをつなぐコバトンとさいたまっち

 

「一人一人が意識することが大切だと思うトン」

 

 

大地震に対する3つの自助の取組について

 質問  あなたのご自宅では、災害に備えて水・食料を用意していますか。

食料・水の備蓄

第180回簡易アンケート「大地震に対する3つの自助の取組について」より(別ウィンドウで開きます)

 

  • 「水・食料ともに用意している」が6割弱(59.7%)

 

質問  あなたは、家族や知人との災害時の連絡について、話し合って決めていることがありますか。(あてはまるものすべて)

災害時の連絡について

 

  • 「何も決めていない」が最も多く5割強(50.6%)
  • 次いで、「集合場所・避難場所を決めている」が3割強(33.8%)

 

非難するコバトン

 

 「備えあれば患いなしトン!

    家族と一緒に考えようトン!」

 

ケアラー及びヤングケアラーについて

 質問  あなたは「ケアラー」という言葉を知っていますか。

ケアラーという言葉を知っていますか(令和3年度)ケアラーという言葉を知っていますか(令和2年度)

 第197回簡易アンケート「ケアラー及びヤングケアラーについてより(別ウィンドウで開きます)

 

  • 『知っている(計)』は、令和2年度の17.8%から令和3年度は65.8%に。

 

  車椅子を押すコバトン

「『埼玉県ケアラー支援条例』は全国初だトン

      みんなで支えようトン」

 

 

平成25年度以前のデータ(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)へリンク)

 

国立国会図書館インターネット資料収集保存事業

過去の情報の詳細は国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)を閲覧してください。

お問い合わせ

県民生活部 県民広聴課 広聴・知事への提案担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-822-9284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?