トップページ > 県政情報・統計 > 行政改革 > 行財政改革 > 業務改善運動 > もし埼玉県庁が株式会社だったら(令和元年度)

ページ番号:187224

掲載日:2021年9月27日

ここから本文です。

もし埼玉県庁が株式会社だったら(令和元年度)

埼玉県では、株式会社が持つ優れた3S(「スピード(Speed)」「スマイル(Smile)」「スピリット(Spirit)」)を取り入れるため、全ての職場で「もし埼玉県庁が株式会社だったら」というテーマで業務改善に取り組んでいます。

令和元年度は、時間外勤務の縮減に重点的に取り組む「働き方改革」、各課所で行う事業本体を改善する「本業の改善」の2部門について、民間企業役員等の審査員が審査を行い、それぞれ2つの優秀取組を決定し、その中から最優秀取組を決定しました。

「働き方改革」部門

最優秀賞 建設管理課

取組名:RPA活用による工事情報の提供事務の効率化

取組内容:申請された工事設計書について、 RPAを活用し、既存のシステムに登録された設計書データから、必要な工事情報と設計書データを自動で収集し、ダウンロードできるようにした。

優秀賞 さいたま県税事務所

取組名:ICTを活用した独自の業務支援ツールによる業務の効率化

取組内容:書類の不備等のチェックや税額の計算を自動化するツールを作成し、業務の効率化を図った。

「本業の改善」部門

最優秀賞 総合リハビリテーションセンター

取組名:交通アクセス改善(路線バス増便)

取組内容:近くに終着駅となるバス停(休憩所なし)に目を付け、バスの延伸を提案した。バス会社に運転手休憩室として空部屋を有償貸与することで、バスを3倍に増便した。

優秀賞 医療整備課

取組名:AI救急相談の整備

取組内容:負担軽減や医療機関の適正受診を促すためにAIが県民の相談に対応する仕組みを導入し、本格運用以降1日当たり約70件の相談、相談1件当たりのコストを約23%削減。

お問い合わせ

企画財政部 行政・デジタル改革課 官民連携・行政改革担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4712

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?