トップページ > 県政情報・統計 > 行政改革 > 行財政改革 > 業務改善運動 > 新たなコミュニケーションツール等を活用した業務改善運動(令和2年度)

ページ番号:198156

掲載日:2021年5月13日

ここから本文です。

新たなコミュニケーションツール等を活用した業務改善運動(令和2年度)

埼玉県では、全ての職場で業務改善に取り組んでいます。

令和2年度は、在宅勤務(テレワーク)やWeb会議で活用する新たなコミュニケーションツール等に着目し、その活用における工夫・アイデアを所属内で共有していく運動を実施し、その中から優秀取組を決定しました。

最優秀賞 荒川左岸北部下水道事務所

取組名:事務所から離れた下水処理場との確実な情報共有

取組内容:iPadで、Zoomのチャット・Web会議機能を活用し、現地に出張した職員から事務所への現場の状況説明、事務所から現場への確実な情報伝達を実施。

優秀賞 利根地域振興センター

取組名:テレワーク推進のための電子簡易起案ルールの定着

取組内容:文書管理システムでの起案を原則としつつ、回覧の電子化・ペーパーレス化等を実施。

優秀賞 疾病対策課

取組名:電子申請システムの活用

取組内容:新型コロナウイルス感染症等の診療・検査を行う「埼玉県指定 診療・検査医療機関」として指定するための手続について電子申請システムを活用。

優秀賞 狭山保健所

取組名:狭山保健所ワンチーム計画~業務可視化と1人2役で新型コロナに打ち勝つメソッド~

取組内容:業務可視化を徹底(マニュアル共有、研修実施等)し、担当を越えたフォロー体制(柔軟に担当替え、決裁ライン変更)を構築。

お問い合わせ

企画財政部 行政・デジタル改革課 官民連携・行政改革担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4712

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?