トップページ > 県政情報・統計 > 行政改革 > 行財政改革 > 業務改善運動 > もし埼玉県庁が株式会社だったら(平成30年度)

ページ番号:187307

掲載日:2020年11月27日

ここから本文です。

もし埼玉県庁が株式会社だったら(平成30年度)

埼玉県では、株式会社が持つ優れた3S(「スピード(Speed)」「スマイル(Smile)」「スピリット(Spirit)」)を取り入れるため、全ての職場で「もし埼玉県庁が株式会社だったら」というテーマで業務改善に取り組んでいます。

平成30年度は「『省く』コンテスト」部門、「小さな改善」部門の2部門について、民間企業役員等の審査員が審査を行い、それぞれ3つの優秀取組を決定し、その中から、知事が最優秀取組を決定しました。

「『省く』コンテスト」部門

趣旨:各課所で行っている業務の中で、費用対効果が低い業務や時代の変遷により役割を終えた業務を積極的に「省く」ことで、限られた経営資源を真に必要な業務に振り向ける。

最優秀賞 情報システム課

取組名:RPAツールを活用した業務効率化

取組内容:電子メールの担当者への振分けや支払い事務など定型業務をRPAツールにより自動化することにより、職員が本来業務に注力できる環境を整備した。

優秀賞 企業局水道整備事務所

取組名:Web会議システムの活用による業務効率化

取組内容:これまで支所の職員が本所に出向いて行ってきた会議をWeb会議で開催することにより、参加者の移動時間や旅費を削減するとともに、コミュニケーションの活性化を図った。

優秀賞 嵐山史跡の博物館

取組名:講座・講演会の受付にバーコードを導入

取組内容:これまで手作業で行っていたイベント参加者の受付作業にバーコードを導入することで、参加者の待ち時間を大幅に縮減するとともに、職員の作業負担も軽減した。

「小さな改善」部門

趣旨:スピードアップ、整理整頓、360度お客様目線での見直し、働き方改革などのテーマで改善に取り組む。

最優秀賞 狭山保健所

取組名:指定難病継続申請受付事務の改善

取組内容:煩雑な申請受付事務を徹底的に効率化することで、利用者の待ち時間を大幅に短縮するとともに、職員の時間外勤務も大幅に削減した。

優秀賞 東松山県税事務所

取組名:今一度、5Sの視点で見直そう(身の回りの整理整頓)

取組内容:毎月「5Sの日」を設定し、全職員で整理整頓に徹底して取り組み、庁舎全体のイメージアップに取り組んだ。

※5S  整理、整頓、清掃、清潔、躾(しつけ)の頭文字の5つのSをとったもの

優秀賞 地域包括ケア課

取組名:働き方改革 ~効率性から多様性へ~ (モバイルワーク・復命報告の効率化)

取組内容:モバイルパソコンやタブレット端末を導入し、移動時間中の報告書作成や職場との連絡を可能することなどにより、業務の効率化を図った。

お問い合わせ

企画財政部 行政・デジタル改革課 官民連携・行政改革担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4712

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?