トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 精密測定機器 > 全焦点三次元形状測定機

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

全焦点三次元形状測定機

機器番号 513
機器分類 精密測定機器
メーカー名 アリコナイメージング社
型番等 インフィニートフォーカスG5
装置概要 光学系のZ軸を走査しながらイメージセンサで連続して画像を取り込み三次元データを取得する装置。寸法、形状などの二次元、三次元解析及び線粗さ、エリア粗さ(Ra、Sa等)の評価が可能。
※透明体、鏡面の測定についてはご相談ください。
主な仕様

【最大試料寸法、重量】高さ100mm、20kg

【測定範囲X,Y】100mm × 100mm
【水平分解能】7.04~0.44μm
【垂直分解能】2300~10nm

研修レベル

2

有料の操作研修の受講が必要です。詳しくは表下「操作研修概要」をご覧ください。

使用料(1時間当たり) 1,650円
装置写真 機器の写真
備考 この機器は、平成27年度に公益財団法人JKAの「公設工業試験研究所設備拡充補助事業」(オートレースの補助金)を利用して導入しました。

 

操作研修概要

研修日程:随時実施中

募集人数:2人/回

受講料金:4,000円/人

問合せ先:048-521-9113(材料・機械技術担当(熊谷))

備考:研修は1回で済みますが必要な期間は、1日です。

※本装置は、北部研究所(熊谷)に設置してあります。 電話 048-521-0614

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?