トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 精密測定機器 > 高精度三次元測定機(熊谷)

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

高精度三次元測定機(熊谷)

機器番号 186
機器分類 精密測定機器
メーカー名 株式会社ミツトヨ
型番等 LEGEX776
装置概要 自動車や家電製品の金型や、エンジンのシリンダーブロック等立体・複雑形状の機械部品などの寸法や形状を精密に測定できる。
そのほか、CADデータを元にした製品の形状誤差評価や、一般的幾何公差及び形状の測定(真円度、平面度、真直度、円筒度、輪郭度等)が可能。
歯車の測定評価も可能。
主な仕様 測定範囲(X,Y,Z):710×710×580mm
測定精度:MPEE:0.35+L(mm)/1,000[μm] MPEP:0.45μm
研修レベル

3

有料の操作研修の受講が必要です。詳しくは表下「操作研修概要」をご覧ください。

使用料(1時間当たり) 3,440円
備考 財団法人JKA補助事業(平成22年度)
装置写真 高精度三次元測定機

 

操作研修概要

研修日程:随時実施中 (1~2日)
募集人数:1社2人まで
受講料金:4,000円/日
問合せ先:048-521-9113(材料・機械技術担当(熊谷))
備考:お申し込み時から2~3週間後に開催いたします。

        研修日程につきましては担当者とご相談ください。

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?