Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年4月24日

遺伝子情報活用担当

遺伝子情報活用担当は、県オリジナル優良品種の開発をDNAマーカー技術を活用して効率的に実施しています。また、遺伝子情報を利用した品種判別技術や病害虫診断技術の開発も行っています。

遺伝子情報活用担当の業務

  • DNAマーカーを活用した水稲・イチゴ県オリジナル品種の開発
  • 有用遺伝子マーカーの開発と利用
  • 遺伝子情報を活用した技術開発
  • 野菜の機能性成分の解析  電気泳動図

 

研究成果

研究成果を引用する場合や、図、表、写真等を転用する場合は、当センター企画担当(電話048-536-0312)に連絡し、了承を得た上でご利用ください。

新技術情報(2015~2012年)、ひと目でわかる新技術(2011~2010年) 

         ※旧生産環境・安全管理研究担当と共同で行なった研究成果です。 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部 農業技術研究センター 遺伝子情報活用担当

郵便番号360-0102 埼玉県熊谷市須賀広784

ファックス:048-536-0315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?