トップページ > センターのご案内 > 組織と業務案内

 

掲載日:2019年8月10日

ここから本文です。

組織と業務案内

ここでは、埼玉県産業技術総合センターの組織と、業務案内(各室・担当の業務を紹介)についてご紹介いたします。

SAITEC組織図

センター長

各担当の概要

 企画・総務室

 企画担当

  • センター全体の計画や外部機関との連携に関する事
  • センターの研究に関する管理・調整に関する事
  • センターのホームページ運営やメールマガジン発行など

 総務・経理・管理担当

  • 庁舎の管理や貸会議室の貸し出し・管理などに関する事

ページの先頭へ戻る

 技術支援室

企業から依頼された試験や機器開放、また、企業と共同して技術開発や製品開発などの研究を行っています。

 材料技術担当

  • 鋳物・金属材料に関すること、非破壊検査などを行っています。
  • 光学顕微鏡、走査型電子顕微鏡、光電子分光装置やX線マイクロアナライザを用いて、金属表面分析等の解析・評価などを行っています。
  • 金属材料の腐食試験・耐候性試験及び強度試験などを行っています。

大型X線CT装置

高分解能電解放出型走査電子顕微鏡

人工気象室

 化学技術担当

  • 材料の成分分析試験や環境関連技術を担当しています。
  • FT-IR、FT-NMR、クロマトグラフによる分析試験等を行っています。
  • 蛍光X線分析装置、原子吸光光度計、ICP発光分光装置を利用して、金属材料の成分分析を行っています。

イオンクロマトグラフ

 

FT-NMR

蛍光X線分析装置

 機械技術担当

  • これからのものづくり基盤技術に関する技術開発を行っています。
  • 微細加工や研磨に関する技術開発を行っています。
  • プラスチックの成形加工及び強度・物性試験などを行っています。
  • 製品や部品の長さ・表面粗さ、真円度などの精密測定を行っています。

高精度三次元測定機

インクジェット式積層造形装置

超臨界発泡射出成形機

 

 電気・電子技術担当

  • ネットワーク技術や、電子技術を活用した計測制御装置などの研究開発を行っています。
  • 電波暗室やシールドルームを使用したEMC測定などを行っています。

計測装置の開発

電波暗室

 

 戦略プロジェクト推進担当

  • 先端的な内容の研究プロジェクトを推進しています。

ページの先頭へ戻る

 事業化支援室

技術相談、貸研究室、製品化支援及び特許に関することを行っています。

 事業化支援担当

  • 相談窓口や貸研究室などの業務を行っています。
  • 3階受付窓口も担当しています。

 製品開発支援担当

  • 製品化支援や技術アドバイザーに関することを行っています。
  • 競争的資金獲得や知的財産に関する事などを行っています。

ページの先頭へ戻る

 北部研究所(熊谷)

 食品・バイオ技術担当

  • 酒類、発酵食品、穀類加工食品及びその他の食品についての研究開発を行っています。
  • 機能性食品素材や有用微生物の探索と利用並びに食品の微生物安全対策などに取り組んでいます。
  • 食品成分分析や官能検査などの依頼試験を行っています。

埼玉ブランドの清酒の開発

麺色調保持の研究

農林61号のSEM写真

 食品プロジェクト担当

  • 企業の高付加価値製品の開発支援をしています。

 材料・機械技術担当

  • 機械金属材料に関する成分分析、強度試験及び環境試験等の依頼試験並びに機器開放を行っています。

 事業化・製品開発支援担当

  • 技術指導・相談などに関する窓口業務を行うほか、異業種交流や産学交流等の支援も行っています。
  • 依頼試験、機器開放及びデザイン指導などを実施しています。
    また、技術アドバイザーを派遣するほか、研修生の受け入れ、各種研修事業も実施しています。

技術相談

北部地域交流会

 

 ページの先頭へ戻る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?