彩の国 埼玉県

閉じる

ここから本文です。

掲載日:2020年6月15日

狭山茶

「コク、旨み」狭山茶

狭山茶

狭山茶は「日本三大銘茶」として、京都(宇治)・静岡と並び称される、古くからの産地です。

鎌倉時代に導入され、江戸時代に生産が盛んになり、明治期には生糸と並ぶ主力輸出品目の生産地となるなど、茶産地として歴史を重ねてきました。

茶産地としてはほぼ北限にあり、温暖な地域と比べて摘採は2回と少ないですが、コクと深い味わいを持っているのが特徴です。

「狭山火入れ」と呼ばれる、じっくり時間をかけて火入れを行う古くからの仕上げ方法により、独特の香ばしさと、甘く濃厚な味が出ます。

「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と狭山茶づくり歌に歌われるように、味の狭山茶として全国にその名を知られています。

 

 

出荷時期

出荷カレンダー「狭山茶」

主な産地

産地マップ「狭山茶」

 

 

買える場所・食べられる場所

買える場所

食べられる場所

関連リンク

 参考資料

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?