埼玉県パスポートセンター > 取得・申請 > 査証欄の余白がなくなったとき

ここから本文です。

ページ番号:27873

掲載日:2024年1月4日

査証欄の余白がなくなったとき

このページでは、パスポートの査証欄の余白がなくなったときの手続についてご案内します。

手続ができる場合

  • 申請の目安は、未使用の査証欄がおおむね見開き3ページ以下です。

手続には2とおりの方法があります

1.パスポートを新しく作り直す方法 →有効なパスポートをお持ちのかた

2.現在お持ちのパスポートと残存有効期間が同一の新たなパスポート発給を申請する方法(「残存有効期間同一旅券の申請」)

詳細は下記のとおりです。

残存有効期間同一旅券の申請に必要な書類

1 一般旅券発給申請書(残存期間同一用)(1通)※令和5年3月改正の申請書(上縁部が黄色のもの)をお使いください。

※代理人が提出する場合、申請書に申請者ご本人の署名などが必要になりますので事前に申請書を入手してください。また、申請にあたって代理人の本人確認のための書類も必要になります。

未成年者が申請する場合には、法定代理人の同意(法定代理人のサイン)が必要になります。

2 パスポート用の写真(1枚)

3 現在お持ちのパスポート(申請の際に、提示してください。)

確認後に一旦お返しします。新しいパスポートの受け取りの時に必ず持参してください。受け取りの時に持参しないと、新しいパスポートはお渡しできません。

4 住民票

  • 提出の日前6か月以内に発行されたもの。
  • 埼玉県内に住民登録されている方は、次の場合を除き住民基本台帳ネットワークシステムで検索できますので、住民票は省略できます。
  • 下記ア~エのいずれか又はいくつかに該当する方は、住民票が必要です。

ア.住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望しない

イ.他の都道府県に住民登録していて埼玉県で居所申請する

ウ.転居届提出日直後に申請する

エ.埼玉県パスポートセンター(大宮、川越支所又は春日部支所)で、毎月第三土曜にの翌日の日曜日に申請する

5 戸籍謄本(1通)※旅券の記載事項に変更がある場合

  • 提出の日前6か月以内に発行されたもの。(戸籍の全部事項証明書でも可)

受取までの日数(残存有効期間同一旅券)

窓口で申請してから受領まで、原則として、申請日を含め、土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始(12月29日から1月3日)を除いて6日です。

手数料

手数料は6,000円です。
パスポートを受領する時にお支払いください。

トップページへ

お問い合わせ

県民生活部 パスポートセンター  

郵便番号330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目7番地5 ソニックシティビル2階

ファックス:048-647-4076

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?