ここから本文です。

ページ番号:83567

掲載日:2021年4月12日

パスポートの損傷

有効なパスポートを損傷した場合には、そのパスポートを返納して新規申請を行ってください。手続については、下記を御覧ください。

→ 有効なパスポートをお持ちの方

 

旅券を損傷した場合(有効旅券を返納し、新規申請が可能)

ア 氏名、生年月日、旅券番号、発行年月日等の一部が判別不可や顔のラミネートが欠損している場合等

イ 旅券のページやICシートが1ページでも欠落している場合

ウ シュレッダー等で一部裁断されている場合(ただし旅券面の記載事項が判別でき、本人の旅券に間違いない場合)

エ カッター、ハサミなどにより旅券が完全に分断されている場合

オ 査証欄が切れている場合

カ 査証欄にメモ、落書き等がされている場合

キ ラミネート剥がれている場合

ク ICシートが損傷している場合

紛失の手続きが必要となる場合

パスポートの氏名、生年月日又は写真が判別できないことにより本人確認が困難な場合は、紛失の手続きが必要となりますので、パスポートの紛失・盗難・焼失を御覧ください。

(注1)損傷の場合は、必ず本人が申請してください。損傷の時期・状況・経緯等を事情説明書に記入していただきます。

(注2)パスポートの損傷状態の判断が難しい場合は、各旅券窓口に御相談ください。

 

トップページへ

お問い合わせ

県民生活部 パスポートセンター  

郵便番号330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目7番地5 ソニックシティビル2階

ファックス:048-647-4076

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?