環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究課題 > 平成27年度研究課題(化学1)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月11日

環境科学国際センター/平成27年研究課題(化学1)

平成27年度研究課題

県内における有機ハロゲン難燃剤の汚染実態の把握

(化学物質担当:茂木、蓑毛、大塚、堀井、野尻/H26~H29)

有機臭素系難燃剤であるヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)は、繊維製品等の難燃加工剤として使われています。HBCDは、2013年のストックホルム条約会議でPOPs登録され、製造・使用等を禁止するための措置が講じられることになりました。一方、有機塩素系難燃剤であるデクロランプラス(DP)は、電線やケーブルの被覆樹脂などに添加され、現在も継続的に使用されています。しかし、近年汚染物質として注目され始めており、その物性から将来POPs候補として取り上げられることも考えられます。HBCD、DPはどちらも難分解性物質であるため、環境残留性や生物蓄積性が指摘されていますが、環境分析に係る公定法は確立されていません。本研究では、将来の規制を視野に入れ、これら難燃剤による県内の大気、水、底質の環境汚染実態の把握を目的とし、環境動態解明の基礎資料とします。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?