トップページ > くらし・環境 > まちづくり > 上下水道 > 下水道 > お知らせ > 令和元年度 大震災に備えた下水道施設の災害対応訓練を実施しました

ページ番号:169239

掲載日:2019年12月16日

ここから本文です。

令和元年度 大震災に備えた下水道施設の災害対応訓練を実施しました

概要

下水道局では災害時の対応について、BCP(業務継続計画)の策定や民間事業者等との支援協定締結など、これまでに災害対応体制の枠組みを整備してきました。

今般、この枠組みに基づき、県内の協定締結民間団体、市町・組合、下水道公社とともに、大規模地震発生を想定して、市街地や水循環センター(下水処理場)で応急対応訓練を実施し、更なる災害時対応能力の向上を図りました。

1 訓練実施日時

 令和元年7月29日(月曜日)午前8時30分から午後3時30分まで

2 被害想定

埼玉県南部で震度6強、その他県内全域で震度6弱の地震が発生。幹線管路が破損して市街地で汚水が溢れたり、水循環センター内の施設が破損して汚水処理機能が停止したりするなどの被害が発生することを想定

3 訓練状況

(1)幹線管路(市街地での溢水への対応)

ア 市町、下水道公社による被害状況の把握、協定締結民間団体への支援要請

新座市での管路点検の様子 入間市での管路点検の様子

左:管路・マンホールの点検(新座市)  右:管路マンホールの点検(入間市)

イ (公社)日本下水道管路管理業協会によるマンホール内に堆積した土砂の吸引など

管路協による作業(北部) 管路協による作業(右岸)

左:吸引車による汚水の吸引(桶川市)  右:吸引車による汚水の吸引(富士見市)

(2)水循環センター(汚水処理機能の停止への対応)

ア 下水道公社による被害状況の把握、協定締結民間団体への支援要請

公社高圧変電設備点検 公社バルブ点検

左:高圧変電設備の安全点検(荒川中継ポンプ所(さいたま市))

右:バルブ類の安全点検(荒川中継ポンプ所(さいたま市))

イ (一社)埼玉県建設業協会による仮設沈殿池等の設置

建設業協会 荒川左岸南部作業 建設業協会 中川作業

左:仮設管渠の掘削(荒川水循環センター(戸田市))

右:仮設放流水路の設置(中川水循環センター(三郷市))

4 訓練参加機関

埼玉県、市町・組合56団体、(公財)埼玉県下水道公社、包括的民間委託事業者、

(公社)日本下水道管路管理業協会、(一社)埼玉県建設業協会

 

 

お問い合わせ

下水道局 下水道事業課 管理運営担当

郵便番号330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目13番3号 衛生会館2階

ファックス:048-830-4884

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?