Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年9月10日

首都圏水道水キャンペーン

ポスター

 

首都圏8つの水道事業体(埼玉県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、さいたま市)が連携して、都県域を越えた水道の広報キャンペーンを展開しています。

今も昔も変わらず皆さんのくらしを支える水道。
年は、その価値について改めて知っていただくことを目的に、8水道事業体が共同でポスターを作成し、首都圏を走る車両への掲出を始めとしたPRを広域的に展開しています。 

埼玉県内の鉄道車両への掲出期間は8月上旬から9月中旬。路線は以下のとおりです。
【JR東日本線、東武線、西武線、つくばエクスプレス】

これまでも・これからもまちとくらしを支える水道

(※キャンペーンチラシの裏面より)

とても安全!

水質を守るために、水源から蛇口まで徹底した品質管理を行っています。
チェックする水質基準はなんと51項目!また、塩素を入れることで病原菌から水道水の安全を守っています。 

 災害への備え!

災害に強い水道システムを構築するために、浄水場や水道管などの水道施設の耐震化や、老朽化対策を進めています。

暮らしに欠かせない!

ウイルスや細菌の感染を予防するには、水道水で手洗い・うがいをするのが効果的!
ほかにも、お風呂や料理、水分補給など暮らしの中で水道水は欠かせません。

埼玉県内の鉄道車両への掲出路線及び期間

  •  路線:JR東日本各線、東武線各線、西武線各線、つくばエクスプレス
  •  期間:平成30年8月上旬から9月中旬 

第129回簡易アンケート「『これまでも・これからも まちとくらしを支える水道』 ~首都圏水道水キャンペーン~ 」について結果を公表しました

1 調査の概要

(1) 調査形態

  • 調査時期:平成30年9月27日(木曜日)から10月3日(水曜日)
  • 調査方法:インターネット(アンケート専用フォームへの入力)による回答
  • 対象者:県政サポーター(3,286名)
  • 回収率:64.2%(回答者数2,111名)
  • 回答者の属性:(百分率表示は、小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は100%にならない場合がある。)

  

回答者属性

  人数(人) 比率(%)
全体 2,111 100.0

 

性別 人数(人) 比率(%)
男性 1,311 62.1
女性 800 37.9

 

年齢 人数(人) 比率(%)
16~19歳 8 0.4
20~29歳 107 5.1
30~39歳 203 9.6
40~49歳 497 23.5
50~59歳 505 23.9
60~69歳 352 16.7
70歳以上 439 20.8

 

職業 人数(人) 比率(%)
個人事業主・会社経営者(役員) 204 9.7
家族従業(家業手伝い) 9 0.4
勤め(全日) 763 36.1
勤め(パートタイム) 310 14.7
専業主婦・主夫 290 13.7
学生 44 2.1
その他、無職 491 23.3

  

お住まいの地域 人数(人) 比率(%)
南部地域(川口市、蕨市、戸田市) 185 8.8
南西部地域(朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町) 154 7.3
東部地域(春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町) 211 10.0
さいたま地域(さいたま市) 483 22.9
県央地域(鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町) 186 8.8
川越比企地域(川越市、東松山市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村) 215 10.2
西部地域(所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市) 160 7.6
利根地域(行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町) 167 7.9
北部地域(熊谷市、本庄市、深谷市、美里町、神川町、上里町、寄居町) 94 4.5
秩父地域(秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町) 20 0.9
埼玉県以外 236 11.2

  

(2)調査結果の見方

ア 設問中の()内の数字及びグラフの中の数字は、回答比率(%)です。

イ 回答比率(%)は小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計と全体またはカテゴリーを小計した数値が、100%にならないことがあります。

ウ 図表中の「-」は回答者が皆無のもの、「0.0」は回答者の比率が0.05%未満のため四捨五入の結果0.0%となったものです。

エ グラフの中で「n」とあるのは、その質問の回答者の総数を示し、回答比率は「n」を基数として算出しています。

オ 複数回答の質問については、その回答比率の合計は、100%を超える場合があります。

 

 2 調査の目的

首都圏8つの水道事業体(埼玉県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、さいたま市)が連携し、水道水のキャンペーンを展開しています。9年目の今年は、今も昔も変わらずくらしを支える水道の価値について知っていただくことを目的に、「これまでも・これからもまちとくらしを支える水道」をキャッチコピーとして、水道水の「価値」をPRしています。

ポスターを共同で作成し、首都圏を走る鉄道車両への掲出を始めとしたPRを広域的に展開しています。

今回は、県政サポーターの皆さまに、このキャンペーンに関する感想や水道事業に関するご意見を伺い、今後の広報事業実施の参考にさせていただくため、アンケートを実施しました。 

 

 3 調査結果

  首都圏水道水キャンペーンポスターの認知度

→「見ていない」が8割弱(79.4%)

質問1

このキャンペーンポスターを見たことがありますか。

ポスターの認知度 

 キャンペーンポスターを見たことがあるか尋ねたところ、「見ていない」が8割弱(79.4%)と最も多く、対して「見たことがある」は4.6%、「見たような気がする」は11.0%であった。

 

ポスターを見た場所

→「電車内(JR東日本各線)」が3割強(31.6%)

質問1-(1)

質問1で、「見たことがある」か「見たような気がする」と答えたかたにお聞きします。

どこで見かけましたか。(あてはまるものすべて)

ポスターを見た場所 

質問1で、「見たことがある」か「見たような気がする」と答えたかたに、どこで見かけたか尋ねたところ、「電車内(JR東日本各線)」が最も多く3割強(31.6%)、次いで「官公庁」が2割強(23.4%)であった。
※東武線各線、秩父鉄道、つくばエクスプレス、埼玉高速鉄道

 

ポスターを見るまでの水道水に対するイメージ

→『良い(計)』が6割強(60.8%)

質問1-(2)

質問1で、「見たことがある」か「見たような気がする」と答えたかたにお聞きします。

ポスターを見るまでの水道水に対するイメージはどうでしたか

水道水のイメージ 

質問1で、「見たことがある」か「見たような気がする」と答えたかたに、ポスターを見るまでの水道水に対するイメージを尋ねたところ、「とても良い」(12.5%)と「良い」(48.3%)を合わせた『良い(計)』が6割強(60.8%)であった。 

 

ポスターの印象など

『好感を持てた(計)』が7割強(70.5%)

質問1-(3)-1

ポスターを見た印象はいかがでしたか。

ポスターの印象 

「好感を持てた」(21.9%)と「やや好感を持てた」(48.6%)を合わせた『好感を持てた(計)』が7割強(70.5%)であった。 

質問1-(3)-2

ポスターを見て水道水に対するイメージが良くなりましたか。 

イメージの変化 

「良くなった」(21.0%)と「少し良くなった」(36.8%)を合わせた『良くなった(計)』が6割半ば超(57.8%)であった。 

質問1-(3)-3

ポスターを見て水道水を飲んでみようと思うようになりましたか。

水道水を飲むか 

「思う」(28.3%)と「やや思う」(29.5%)を合わせた『思う(計)』が5割半ば超(57.8%)であった。 

質問1-(3)-4

ポスターを見て水道水が安全であると感じるようになりましたか。 

安全と感じるか 

 「感じる」(34.0%)と「やや感じる」(42.2%)を合わせた『感じる(計)』は7割半ば超(76.2%)であった。 

質問1-(3)-5

ポスターを見て生活の中でいつも使うことができる水道水が大切であると感じるようになりましたか。

大切と感じるか 

「感じる」(57.1%)と「やや感じる」(29.5%)を合わせた『感じる(計)』は8割半ば超(86.6%)であった。

 

 水道水の水質など

→「特に不満がない」が7割強(71.4%)

質問2

家庭の水道水の味やにおいについて、何か不満はありますか。

水道水の水質 

 ご家庭の水道水の味やにおいについて何か不満はあるかと尋ねたところ、「特に不満はない」が最も多く7割強(71.4%)であった。

 

水道水の飲み方

→「浄水器を通して飲む」が3割半ば(35.1%)

質問3

水道水は普段どのようにして飲みますか。

飲み方 

水道水をどのようにして飲むか尋ねたところ、「浄水器を通して飲む」が最も多く3割半ば(35.1%)、次いで「そのまま飲む」が3割強(32.6%)であった。 

 

県営水道の役割

→「少し知っていた」が5割半ば超(56.1%)

質問4

埼玉県では、5つの浄水場を管理・運営し、河川の水を浄化して水道水を作り、秩父地域を除く県内57市町と茨城県五霞町に供給しています。市や町では、県から送られた水道水に地元の井戸水などを合わせるなどして、家庭や事業所などに水道水を届けています。
あなたこうした県営水道の「水の製造・卸問屋」としての役割を知っていましたか。

県営水道の役割の認知度 

県営水道の役割を知っているか尋ねたところ、「少し知っていた」が最も多く6割半ば超(56.1%)、次いで「知らなかった」が3割強(30.7%)であった。

 

 県営水道の水質検査

→『知っていた(計)』が5割弱(48.2%)

質問5

家庭や事業所に水道水を送る市町村の水道事業だけでなく、県営水道でも、安全で良質な水を供給するために水質検査を行い、水道水の安全確保に努めています。
あなたは県営水道が水質検査を実施していることをどの程度知っていましたか。

水質検査 

県営水道が水質検査をしていることを知っているかを尋ねたところ、「よく知っていた」(12.3%)と「見たり聞いたりしたことはあった」(35.9%)を合わせた『知っていた(計)』は5割弱(48.2%)であった。 

自由意見

質問6

キャンペーンポスターや水道事業についてご意見などがありましたら、ご記入をお願いします。

自由意見(PDF:637KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企業局 水道企画課  

郵便番号330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目14番21号 職員会館4階

ファックス:048-834-5071 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?