Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2010年3月19日

種もみの準備と播種

はじめに

健苗な苗づくりは種子消毒が基本です。
もみ枯細菌病等が増加しています。種子の更新や病気の発生していないほ場の種もみを使うほか、必ず種子消毒に行います。

1.種もみの準備

(1)比重選

充実した苗を育てるために行います。のぎや枝梗を取り除き、比重選を行います(表1参照)。比重選の後はよく水洗いをします。

表1 比重選の目安

 

比重

食塩を用いる場合

硫安を用いる場合

うるち

1.13

4.5kg/18リットル

5.4kg/18リットル

もち

1.10

3.0kg/18リットル

3.7kg/18リットル

(2)種子消毒

いもち病・ばか苗病・ごま葉枯病・もみ枯細菌病・心枯線虫病種子消毒で防ぎます。
薬剤は登録内容を確認し、適正に使用しましょう。

(3)浸種

浸種が不十分だと発芽が不揃いとなります。種子消毒後は水洗いせずに風乾後、浸種を行います。侵種時の水量は種籾量の2倍で行い、最初の3日間は水を交換しません。
浸種日数の目安は、水の平均温度(℃)×日数=100℃(例:水温15℃で7日間)

(4)催芽

種子がハト胸になる程度に均一に催芽させます。

2.播種

播種は薄く均一に行います。播種量は表2を参照してください。灌水不足は出芽不良、タコ足の原因となるので十分灌水します。なお、覆土後の灌水は行いません。

表2 播種量の目安

 

育苗日数

10a当り箱数

箱当たりもみ量

乾もみ

催芽もみ

重量

容量

重量

容量

稚苗

約20日

約16箱

160~180g

240~270ml

200~220g

320~350ml

中苗

約28日

約25箱

80~100g

120~150ml

100~125g

160~200ml

お問い合わせ

農林部 東松山農林振興センター 技術普及担当

郵便番号355-0024 埼玉県東松山市六軒町5番地1 埼玉県東松山地方庁舎3階

電話:0493-23-8582

ファックス:0493-23-8530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?