Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月25日

埋立工法

埋立地の構造

 

  雨水等が廃棄物層に浸透して発生する汚水を「浸出水」といいます。

13gousyasin

これが地下水に混入しないよう、埋立地内に厚さ1.5mmの合成ゴム製しゃ水シートと、厚さ10~20mmの保護マットを二重に敷き込んでいます。
  それらが埋立作業中に破損するのを防ぐため、厚さ1mの保護土をかぶせたうえで廃棄物等の埋立て(厚さ2.5m)、中間覆土(厚さ0.5m)を繰り返し(サンドイッチ工法といいます)、埋立て完了時には最上層に2mの最終覆土を行います。
  浸出水は、斜面及び底部に設置してある集水管で集められ、浸出水処理施設に送られます。
  また、浸出水をより効率的に集水するため、縦配水管を設けていますが、これは、埋立地内部で発生したガスを排出するとともに、内部に新鮮な空気を送り、土中の微生物による浄化を促進する役割も果たしています。

                 umetatekouzouzu     

                                           拡大図(JPG:166KB)

埋立方法 

   当センターでは、サンドイッチ工法による埋め立てを行っています。fukudosyasin

   廃棄物を2.5メートルの高さに埋め立て、その上に0.5メートルの中間覆土を行い、これを繰り返しています。

   また、毎日搬入が終了した段階で、廃棄物が露出しないよう即日覆土を0.3メートルを行っています。

   このような工法により、廃棄物の飛散、悪臭、害虫、火災の発生を防止しています。

  覆土には、センター場内で発生した土を使用しています。

お問い合わせ

環境部 環境整備センター 管理運営担当

郵便番号369-1223  埼玉県大里郡寄居町大字三ケ山368 埼玉県環境整備センター

ファックス:048-581-4047

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?