ページ番号:11169

掲載日:2019年9月10日

ここから本文です。

サクラサイト商法

サクラサイトとは、サイト業者の仕込んだ“サクラ”が、さまざまな人物になりすまし、消費者の心を惑わせて有料サイトへ誘導し、利用させ、高額なサイト利用料を請求する悪質なサイトです。

手口

1.PC・携帯・スマホなどに直接届くメールや、SNSサイトでのメッセージの書き込みで勧誘する

消費者が反応してくるのを狙います。

  • 「私は20歳の女子大生です。お付き合いしてくれませんか?」
  • 「私は資産家です…お金をあげます」
  • 「私は芸人〇〇のマネージャーです。〇〇の悩みを聞いてあげてください」

イラスト:サクラサイト

2.有料サイト(サクラサイト業者のサイト)へ誘導する

※サイトを利用するためには、サイト業者へ利用料の支払いが必要です。利用料は、メールを送る、メールを読むなどの操作ごとに課金する(主にポイントを購入する)仕組みです。

サイトへの登録や一定期間の利用が無料であっても、途中から有料となるサイトが多いです。

  • 「お金を受け渡す段取りをしたいから、このサイトで連絡を取り合いましょう」
  • 「(芸能人をかたって)所属事務所に内緒だから、このサイトでメール交換しよう」

3.消費者がたくさんポイントを購入するように仕向ける

絶えず連絡を取ってきます。

ポイント購入だけでなく、サイト内で指示をして振り込みをさせるケースもあります。

  • 「ポイント代金は後で渡すから金額は気にしないで」
  • 「会おう」と約束するが、直前になって「体調が悪い」などと言って、一度も会わない
    →消費者は会えるまで必死にメール交換(=ポイント購入)を続ける
  • 「何々の手数料5000円を振り込んでください」

4.メール交換(=ポイント購入)をやめさせない

消費者の良心や親切心に訴えたり、脅す、不安をあおるなどして引きとめます。

  • 「ポイント代を渡すから、私を信じて続けて」
  • 「あなたが話を聞いてくれないのなら、自殺する」
  • 「今まで私が払ったお金が無駄になる。裁判してやる」

5.高額な請求

いつのまにかかさんだ高額なポイント代金の請求だけが残ります

  • 「結局、お金はもらえていない…」
  • 「芸能人の●●君に会えていない…」

イラスト:ポイント代を請求される

消費者へアドバイス

  1. サイト利用のきっかけとなる迷惑メール等には絶対に返信しない。特に、どんな人か確認できない相手とメール交換をしない。
  2. 将来得られるという収入を前提とした支払いはしてはいけない。万が一、サービスを利用する場合は、自分が支払った合計金額をこまめに確認する。
  3. 個人情報を安易に出さない。サイトに身分証等の提示を求められても安易に応じないこと。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?