トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 川越比企地域振興センター東松山事務所 > HIKIつける魅力再発見プロジェクト「HIKIパン&フルーツ・ベジタブルParty」を開催しました

ページ番号:132610

掲載日:2020年11月27日

ここから本文です。

「HIKIつける魅力再発見プロジェクト」キックオフイベント  HIKIパン&フルーツ・ベジタブル Partyを開催しました

  比企地域(※)は、有機農業や地酒のほか和紙等の伝統工芸など、地域資源が豊富な地域です。特に農業が盛んで、「農ある暮らし」のライフスタイルも地域の大きな魅力の一つです。

そこで、「HIKIつける魅力再発見プロジェクト」では、生産者と交流しながら地域を巡り、地域の農産物を使用した「HIKIサンド」を開発するワークショップやイベントを開催していきます。今回は、そのキックオフイベントとして、「HIKIパン&フルーツ・ベジタブルParty」を開催しました。

※比企地域:東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村

 

日時 平成30年7月24日(火曜日)11時30分~13時30分

会場 Nagatacho GRID(永田町 グリッド)東京都千代田区平河町2-5-3

 

「パンと食材の美味しい組み合わせ」セミナー 

栃木県那須に店舗を構える人気パン職人・平山翔さんを迎え、パンの素材やパンと合う食材のお話などを伺いました。

シェフ

「ハード系パンのカリスマ」と呼ばれている平山さんですが、御本人からの「本当のカリスマは農家の皆さんだと思っています。農家さんが美味しい麦を作ってくれなければ自分はパンを焼けません。」という言葉が印象的でした。

 

 

 生産者に聞く!公開取材(オープンインタビュー)

比企地域の農家など6名の生産者に、就農に至った経緯や生産物へのこだわり、想いについてのお話を伺いました。

生産者

無農薬で野菜を栽培するため、天敵を活用して害虫を駆除する工夫をしていることや、伝統的な醤油の醸造方法を守る取組の一環として地元比企・ときがわ産の杉を使用した醤油仕込み桶を桶職人が一から作るプロジェクトなど、興味深いお話を伺うことができました。

皆さんが、伝統や地域とのつながりを大切にお仕事をされていることを知ることができました。

 

自由な発想で自分のHIKIサンドを考えよう!

インタビューでお話を伺った生産者の方々が愛情を込めて作った野菜や果物などを使用した料理と、平山シェフのパン2種の組み合わせを楽しんでいただきました。

試食2プレート

生産者の方々のお話を聞いた後での試食でしたので、より一層おいしく感じました。参加者からは、食材の味が濃厚で美味しい!新しい組み合わせの発見があった!などの声が上がっていました。

 

 

今後のワークショップで、どんな「HIKIサンド」が生まれるか、ご注目ください!

 

 

 

お問い合わせ

企画財政部 川越比企地域振興センター 東松山事務所 地域振興・産業労働担当

郵便番号355-0024 埼玉県東松山市六軒町5-1 埼玉県東松山地方庁舎1階

ファックス:0493-23-8510

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?