ページ番号:147606

掲載日:2020年11月26日

ここから本文です。

事業費の負担

 連続立体交差事業は、複数の踏切を一挙に除却することによる交通渋滞や踏切事故の解消、分断された市街地の一体化などを目的としています。このため、地方公共団体が都市計画事業として実施しており、高架化に伴う受益分の負担を鉄道事業者より受け、事業を行っています。
 埼玉県における連続立体交差事業の事業費の負担は下表を基本としています。

事業費の取扱い

 

  • ※1:「都市における道路と鉄道との連続立体交差化に関する細目要綱」に定められた割合
  • ※2:現在の国庫補助負担率(変更になる可能性あり)
  • ※3:県と市町村による協議により決定(事業により異なる)

お問い合わせ

県土整備部 道路街路課 街路担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

ファックス:048-830-4862

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?