トップページ > しごと・産業 > 産業 > 技能振興 > 「埼玉の匠(技能者)」の紹介 > 彩の国青年マイスター表彰 被表彰者一覧

ページ番号:35617

掲載日:2022年12月1日

ここから本文です。

彩の国青年マイスター表彰 被表彰者一覧

彩の国青年マイスター表彰とは

県内に就業又は就学する満30歳未満の青年技能者のうち、優れた技能を有し、勤務実績、日常生活等で他の青年技能者の模範と認められる者を知事が表彰する制度です。平成7年度に14人が表彰されて以来、令和3年度までに295人が表彰されています。

彩の国青年マイスター 被表彰者一覧

直近の被表彰者(令和4年度)

相見 洸太郎(室内装飾工)

室内装飾工として、建物の躯体工事後の現場で壁や天井の軽量下地を組む作業に従事している。常に技術向上を図り、その施工能力は他の模範となっている。技能検定1級を取得しており、図面どおりの施工を実現する精度の高さ、技術力は、元請企業各社から評価されている。
また、新商品の材料や施工方法などを積極的に習得するほか、品質管理にも取り組み、生産性の向上に努めている。
日頃から安全パトロール及び場内の整理整頓に携わっており、安全大会等では、前向きな意見を持ち、積極的に参加するなど、若手のリーダーとして信頼を得ている。

佐々木 雄大(車両ぎ装工)

車両ぎ装工として、車両内部やドア調整等のメンテナンス業務に携わっている。特に、複雑に設置される配管を整備する技術に長けており、社内の技能競技会で優秀な成績を収めている。ドア整備では0.1mm単位の調整技術を持ち、またブレーキ配管の整備も行うなど車両の品質確保に寄与している。
作業方法の改善や、次世代の車両メンテナンス方式の確立に努めるなど、車両品質の確保及び生産性の向上のために自己研鑽を図っている。
現場の中核を担う指導者として、後輩の育成にも力を発揮し活躍している。

平野 智也(車両組立工)

車両の電気装置や空気制御装置のメンテナンス業務を担当し、旧形式から最新の車両まで幅広いメンテナンスの知識と技能を有しており、社内技能競技会の配線競技で優秀賞を受賞している。
作業チェックリストの改善、工具棚の製作など、業務改善及び効率化に積極的に取り組んでいる。
タブレット端末による動画を活用した技術指導を行うなど、若手社員に対する実践的で工夫を凝らした教育を進めており、新入社員の基礎技術教育の講師も担当するなど人材の育成にも力を注いでいる。

酒井 裕哉(車両機械組立工)

鉄道車両の車輪及びそれに係る車軸や軸受けを含む台車のメンテナンスを行っている。経験と訓練が求められる目視・打音検査、寸法測定などを担うほか、社内の車両技能競技会の走行装置部門に出場し、優秀な成績を収めた。
業務改善では新たな治具を製作するなど、作業効率や安全性の向上を図っている。
新入社員への基礎技能教育指導や、転入社員、外国人実習生等に対する台車組立作業や輪軸検修作業の指導を行うほか、技能継承の重要性を認識しており、自身の指導により技能検定1級合格者を輩出した。

甘利 信幸(車両修理工)

鉄道車両の品質に関わる業務を行い、故障した際の復旧対応や故障原因の調査、再発防止対策の検討を担当している。車両故障が発生した際の調査手順や対策の要点を学び、車両メンテナンスの全体像を把握している。故障の再発防止対策において中心的な役割を果たしており、他の社員に対する丁寧な説明には定評がある。
休日に車両が故障した場合においても積極的に対応を行い、故障の早期復旧と、安全・安定輸送に多大な貢献をしてきた。
技能検定資格取得に挑戦している同僚や後輩の指導にも取り組んでいる。

久保田 龍(自動車検査工)

車体・車両の部品検査業務に従事しており、測定機器を適切に選定できるほか、取扱いに経験が必要な測定器や測定設備を用い、迅速かつ正確に部品の評価・判定を行う技能を有している。
製造現場に対し、数値的な結果報告とアドバイスを行うことで車両製品の品質向上に貢献しており、部品供給メーカーの指導も行うなど、幅広く活動している。
また、他者が測定技術を習得できるよう、他業務の担当者と自ら調整を行い、指導教育の場を積極的に設けている。

鈴木 悠平(自動車ぎ装組立工)

車両構造・機能を熟知し、トラック車両組立て作業に従事している。運転席内装の小部品を組み立てる全工程を作業標準時間内で不具合品を出すことなく的確に作業することができる。
また、作業の標準化を意識して治具の改良など、品質改善活動に取り組んでいる。改善の発想力と実践力は社内で評価が高く、生産目標に貢献している。
技能検定等により得た技能をもとに、作業のポイントや要領について若手の教育指導を行い、今後職場を牽引する存在として期待されている。

内藤 金也(電気通信機械器具組立工)

鉄道信号保安システム製品である、列車制御装置や信号制御装置の組立・配線作業に従事しており、プリント基板への電子部品実装において高度なはんだ付け技能を有している。また、はんだ接続や、専用工具で各種端子の加工を行う圧着接続、ラッピング接続等を伴う多種多様な装置に対する配線技能に優れている。
海外での案件においても、自ら現地の作業員に率先して指導し、作業の中心的な存在として活躍しており、顧客からの信頼も厚い。技能五輪全国大会への出場経験を生かして、後輩への指導方法を確立し、積極的に技術・技能指導に取り組んでいる。

歴代の被表彰者 (平成7年度~令和3年度)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?