Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 感染症対策 > 予防接種 > 就学時健康診断にあわせて予防接種歴の確認をしましょう

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月22日

就学時健康診断にあわせて予防接種歴の確認をしましょう

麻しん、風しんの予防接種は済んでいますか

 9月から就学時健康診断の時期を迎えますが、学校現場において感染症の集団発生を予防するためには、就学前の定期予防接種をしっかりと受けることが重要です。

 予防接種には様々な種類がありますが、特に就学前に確認が必要となる予防接種は、「麻しん」「風しん」の予防接種になります。麻しん、風しんの定期予防接種第2期は小学校入学前の1年間のお子様を対象としています。

 そのため、就学時健康診断などの機会を利用して、再度予防接種歴の確認をしましょう!まだ予防接種が済んでいない場合には、小学校入学前に予防接種をしっかり受けましょう。

     啓発リーフレット(令和元年度)はこちら(PDF:188KB)

麻しん、風しんって?

 ・「麻しん」って?

 「麻しん」とは、一般的に「はしか」と呼ばれているものです。

 麻しんはとても感染力が強く、麻しんにかかると、発熱やせき、鼻水といった風邪のような症状と発疹が現れます。また、まれに肺炎、脳炎といった重い合併症を引き起こすこともあります。

 麻しんにかかると、熱が下がっても、3日経つまでは登園、登校できません。

 

 ・「風しん」って?

 発疹や発熱、リンパ節の腫れなどの症状が出ますが、感染力は麻しんほど強くはありません。

 春先や初夏に流行し、集団生活に入る頃の年代に患者が多くみられます。

 発疹も発熱も3日間で治るので、「3日ばしか」と呼ばれることがあります。

麻しん、風しんを予防するためには

 麻しん、風しんを予防するために大切なことは、予防接種を受けることです。

 予防接種は、予防接種法という法律に基づいた定期予防接種と、法律に基づかない任意予防接種があります。

 定期予防接種は、対象となる皆さんに接種していただきたく思います。

 麻しん、風しんの定期予防接種は次のようになっています。

 対象者

第1期:1歳のお子様

第2期:5~7歳未満で小学校入学前の1年間のお子様

 (今年度の対象は平成25年4月2日から平成26年4月1日生まれの方)

 ※この第2期は、小学校に入学する前に予防接種が済んでいるか確認しましょう!
      そして、予防接種がまだ済んでいない方は令和2年3月31日までに受けましょう!

接種方法

ワクチンには、「MRワクチン」という麻しんと風しんの混合ワクチンと、それぞれに単独で対応する「麻しんワクチン」「風しんワクチン」があります。

予防接種ができる医療機関については、お住まいの市町村予防接種担当におたずねください。

接種費用

接種費用は、お住まいの市町村が負担します。

 ただし、定期予防接種の対象者でなくなると、費用は自己負担となります。

定期予防接種の対象となるかどうかなど、不明な点はお住まいの市町村予防接種担当に確認してください。 

 

 


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館2階

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?