トップページ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者福祉施設向け情報 > 感染症・熱中症予防 > 感染発生施設へのオンライン個別支援(通称eMAT)

ページ番号:193451

掲載日:2021年3月5日

ここから本文です。

感染発生施設へのオンライン個別支援(通称eMAT)

高齢者施設は3密の状態になりやすく、一度感染が発生するとクラスターになりかねない環境にあります。
このため、感染者が1例でも確認された施設に対して迅速に支援するため、新たにコロナ対策オンラインチーム、通称eMAT(イーマット“electronic Medical Assistance Team")を創設し、下記のとおり、高齢者施設に対するオンライン個別支援を開始することとしました。
汚染区域と清潔区域の区分けや個人防護具の使い方など、感染管理認定看護師がオンライン(Zoom)で支援します。

支援対象

感染者が発生した県内の高齢者入所(入居)施設(さいたま市、川越市、川口市、越谷市、和光市は除く。) 

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 介護医療院
  • 軽費老人ホーム
  • 養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 地域密着型特別養護老人ホーム
  • 認知症対応型共同生活介護

申込方法

以下の書類を作成の上、県高齢者福祉課(a3240-11@pref.saitama.lg.jp)あてに御提出ください。

提出書類 作成例
オンライン個別支援申込書(ワード:28KB)  
施設の平面図(グリーンゾーンやレッドゾーンを色分けしたもの) 作成例1(フロアごとのゾーニング)(PDF:63KB)
作成例2(個室ごとのゾーニング)(PDF:62KB)
感染状況一覧(入居者及び職員毎に、感染状況の経緯を示したもの) 作成例(エクセル:20KB)

参考資料

お問い合わせ

福祉部 高齢者福祉課 施設・事業者指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?